主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

キャンプ道具一式は最低いくら?とにかく安く全部揃えたい

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。

 

キャンプ道具をとにかく安く揃えたいんだけど、いくらになる?

 

あまり安いのだと数回で壊れてしまうから、それなりのものを買ったほうがいいよ。

 

でもね、続けるかわかんないし取り敢えずキャンプしてみたいから安く揃えたいんだ。

 

それなら、「レンタル」するとか「ヤフオク」「メルカリ」などで中古品を探すって方法もあるよ。

 

人が使ってたものはちょっと… 人に借りたりレンタルするのも、傷つけたりしたくないから嫌だし…

 

わかったよ。 それじゃ安さ優先で、良さそうなものをピックアップしてみるね。

 

それから、テント立てたりするの難しそうだから、できるだけ簡単なのでお願い。あと出来れば見た目もいいのがいいな。

 

ははは、注文が多いね。 了解です!

 

どんな条件で『キャンプ道具一式』を揃えるの?

 

今回の設定
  • 大人2人+小学生2人の4人家族
  • キャンプはGWと夏休みの年2、3回
  • 2019.3.9現在の価格を参考

 

揃えるもの一覧
  1. テント・タープ
  2. テーブル・イス
  3. バーベキューコンロ・備品
  4. カセットコンロ
  5. 寝袋・マット
  6. ランタン
  7. その他

 

このような設定で、「揃える物一覧」の順番にそって説明します。

 

1. テント・タープ

テント

設営簡単のワンタッチテント。色違いで多数のショップから販売されています。値段は違いますが、基本同じテントです。

 

ワンタッチなら、安心だワン! 安いので4,200円くらいだね。

 

Name
あと、テント下部を保護する2m×2mのブルーシートがあると安心だよ。500円くらいで買えるよ。

 

タープ

夏は日差しを避けるためにタープが必要です。アマゾンチョイスでは、3,000円以下のタープが販売されています。

 

 

タープは頑張って設営するから、僕は3,000円のにするワン。

 

キャンプ場の地面が固いと付属のペグは役に立たないので、しっかりしたペグを用意しておくと安心だよ。ハンマーは、100均の「ゴムハンマー」が意外と使えるよ。

 

関連記事

(出典:アマゾン) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   「キャンパーへの軌跡シリーズ第2話」 前回のお話はこちらから。 [sitecard subtitl[…]

 

2. テーブル・イス

テーブル

家族4人なら、テーブルの幅は最低でも90cm以上のものを選びましょう。また、足の長さを調節できるものは、お座敷スタイルとして使うことができるので便利です。

 

テーブルは2,900円だワン。

 

イス

【楽天スーパーSALE】【お一人様1点限り】山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション オートバッカーチェア ABC−450(BKB)(キャンプ用折畳椅子)【ラッキーシール対応】

ホームセンターでも1,000円前後で売っています。こだわりがなければ、この1,000円のイスは軽いですし、キャンプでも十分に使えます。

 

イスは4つ必要だから合計4,000円だワン。

 

関連記事

(出典:スノーピーク)   キャンプに必要な椅子。 キャンプを始めたての頃は、ホームセンターで買った1,000円前後の折りたたみ椅子を利用している人がほとんどだと思います。   でも、何度かキャ[…]

 

3. バーベキューコンロ

キャンプでは、バーベキューをするのが手軽で簡単です。カレーなどもキャンプ料理の定番ですが、鍋やおたまなどの調理器具が必要になり、洗い物も大変になります。バーベキューなら、紙皿を使えば洗い物はほとんどありません。

 

バーベキューのあと、焚き火もできるコンロもあるよ。アマゾンチョイスなら、キャプテンスタッグのヘキサステンレスが3,600円で買えるよ。

 

焚き火もしてみたいから、キャプテンスタッグのにするから3,600円っ。

 

関連記事

(出典:ユニフレーム) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   一目惚れして「清水の舞台から飛び降りる」思いで手に入れたユニフレームの「ユニセラロング」。 [sit[…]

 

備品

バーベキューをする時に必要な備品には、炭、着火剤、火ばさみ、チャッカマン、トングが必要です。

 

炭に火をつけるのは大変だから、簡単に火がつく「エコココロゴス」がおすすめだよ。

 

OK! それじゃ着火剤はいらないね。

 

いや、たまに火がつきづらいハズレもあるみたいだから、着火剤も用意しよう。着火剤を含めて残りの備品は100均で全部揃うよ。

 

なるほど。 それじゃ炭と備品で1,400円っと。

 

4. カセットコンロ

イワタニ カセットコンロ カセットフー スーパー達人スリム CB-SS-1 (CBSS1)

ゴールデンウィークの朝晩は冷えるので、何かとお湯が欲しくなることがありますし、小腹が空いた時のカップラーメン用にあると便利です。また、万が一炭を忘れたり、火がつかなかった時にあると安心ですので、保険的な意味でも必ず持っていきましょう。

 

朝食の卵やソーセージを焼いたりするときにも必要だよ。もちろんフライパンも忘れずにね。

 

カセットコンロは家にあるから、必要ないワン。

 

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   アウトドアで憧れのカセットコンロといえば、イワタニの「マーベラス」ですよね。 あのキャンプ心をくすぐられるおしゃれなデザインが[…]

 

5. 寝袋・マット

寝袋

寝袋 冬用 最低使用温度-15度 封筒型 シュラフ スリーピングバッグ コンパクト マット 4カラー

夏は寝袋は入りません。タオルケットで十分です。ゴールデンウィークにキャンプをする時は、使用温度-10℃以上で寝袋同士がくっつくタイプがオススメです。また、寝袋だけでは寒いので、家から毛布も最低2枚は持っていきましょう。

 

ゴールデンウィークの夜は寒いから、寝袋同士をつなげて子供と一緒に寝ると暖かいよ。

 

OK♪ アマゾンチョイスなら1個2,500円だから4個で10,000円だね。

 

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   5月のゴールデンウィークの時期に、初キャンプをされる方も多いと思います。 初キャンプの道具も揃えて、準備万端。 [sit[…]

 

マット

テントの中に「銀マット」「スリーピングマット」の順番に敷きます。寝心地に直結しますので「銀マット」の厚さは最低でも1mm以上のもの、もしくは二枚重ねで用意してください。「銀マット」は「銀」の面が上になるように敷いてください。

 

「銀マット」は折りたたみ式の方が車に積載しやすいよ。

 

ねぇねぇ、「銀マット」か「スリーピングマット」のどっちか片方だけじゃダメなの?

 

寝床の厚みは寝心地に直結するんだ。寝心地が悪いと夜眠れなかったり、起きた時に体が痛かったりするから、これでも最低限だと思ってね。
関連記事

(表記のない全ての出典画像:Amazon) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   キャンプに来ると「地面が硬くてなかなか寝付けない」「夜何度も目が覚める」「朝起きると体[…]

OK♪ じゃあ、テントのサイズに合わせて「銀マット100×180」を2個と「スリーピングマット60×180」を3個で9,500円だね。

 

「銀マット」の見た目が気になるなら、「銀マット」を敷いた後に「レジャーシート」や「ラグ」を敷くと、見た目も良くなり防寒にもなるのでおすすめだよ。

 

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   Name 今度お出かけする予定なんだけど、レジャーシートある?   どこに行[…]

 

6. ランタン

ランタンは最低2個は用意しましょう。安いランタンは、明るくても光の届く範囲が狭かったり、電池の持ちが悪いものが多いので、出来ればランタン3個と替えの電池は用意しましょう。

 

ランタンが最低2個欲しいのは、誰かが夜トイレ行く時にランタンを持て行かれると、真っ暗になっちゃうし、弱い光でも多方面から照らされると明るくなるからだよ。

 

なるほど、じゃあこのランタンを3個で3,000円っと。

 

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   初めてキャンプに行くときに絶対に必要なランタン。   なるべく明るくサイトを照らしたいけど、どんなランタンを選[…]

 

7. その他

「1〜5」までは、キャンプで必要な大物道具です。ここでは、割り箸や皿などの細々した必要なものを取り上げます。基本的に100均で全て揃えることができます。初めての人は、洗い物を少なくするために紙皿がオススメです。バーベキューでは、包丁よりもキッチンハサミの方が使い勝手が良いです。

割り箸 10本以上 食器用洗剤 焼肉のタレ
紙皿 10枚以上 スポンジ 塩コショウ
紙コップ 10個以上 BBQブラシ 砂糖
キッチンハサミ ゴミ袋
キッチンペーパー 乾物ネット 絆創膏
ウェットティッシュ タオル カイロ
アルミホイル 洗濯バサミ
トング うちわ
ティッシュ 虫除けスプレー
フライパン 乾電池×3セット ムヒ
毛布・タオルケット ゴムハンマー 日焼け止め

 

  • 乾物ネット」…食器や鍋などの洗い物を乾かすときに使います。
  • 「食器用洗剤」…100均のものは油が落ちにくいので、空の容器だけ買って自宅のものを入れて持っていく方がいいです。
  • 「BBQブラシ」…ヘラと金属ブラシがセットになったものです。網の汚れを落とします。
  • 「アルミホイル」…バーベキューコンロにこれを先に敷いてから炭を入れれば、後片付けが楽です。また、網の上に敷いて四隅を立てれば即席の鉄板になったりします。
  • 「洗濯バサミ」…濡れた服を干したりゴミ袋を固定したりします。
  • 「うちわ」…炭の火起こしや暑いときに扇ぎます。
  • 「鍋」…ラーメンのお湯やレトルト食品を温めるときに使います。
赤いマスのものは、家にあるものを使うと無駄にならないね。青いマスのものは、家になければ購入してね。

 

OK♪ その他合計で2,900円っと。

 

合計でいくらになった?

キャンプで使うものは最低限、これくらいになるかな。

 

そうすると・・・全部で合計が44,500円だ!

 

そこにキャンプ場代金と食材&飲み物が入るから、最初のキャンプには6万円くらいはかかるね。

 

ゲゲゲ、結構するね。もっと安いかと思ってたワン。

 

そうだね。でもキャンプは「テント」などの初期費用はかかるけど、一度揃えちゃえば2回目からは「キャンプ場代」と「食費」だけで済むから、旅行に行くよりグーンと安くできるレジャーだよ。

 

そっか〜。家族揃って自然と触れ合うことなんて、なかなかないもんね。

 

自然と触れ合うことと、家族一緒にキャンプで達成感を得ることは、子供の成長にもいいことと「文部科学省の白書」でも記されているんだ。

 

へ〜、それならキャンプって最初はそれなりにお金がかかるけど、子供達にとってもとってもいいレジャーなんだね。

 

最初にお金がかかると言っても、家族旅行1回分の料金でキャンプ道具が揃っちゃうからとってもお得だよ。

 

ありがとう、わかったよ。さっそくキャンプ道具を揃えてみるね!

 

まとめ

いかがでしたしょうか。

キャンプを始める初期費用は、揃える道具によって変わります。

私が調べた範囲ですと、だいたい10〜20万円くらいの費用で揃える方が多いようです。

私は徐々に増やしていったので、最初にドーンとお金はかかりませんでしたが、トータルですと道具だけで20万は超えています。

(そこのあなた! 絶対に妻には内緒ですよ。)

「そもそもキャンプを続けるかどうかわからないのに、お金をかけたくない」という気持ちもわかりますので、最初は安い道具から始めるのも「有り」だと思います。

もし、買い換えることになっても、安いものから始めればダメージも少ないですしね。

もしくは、「手ぶらでキャンプ」してみて、これからもキャンプをしてみたくなったら揃えてもいいかもしれません。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   テントってレンタルできるのかしら?   もちろん、レンタルできるよ。 […]

キャンプには、家族それぞれいろんなスタイルがありますので、自分にあったスタイルで楽しんでくださいね。

 

<おすすめの関連記事>

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   初めてのキャンプって不安ですよね。 子供のころバーベキューやキャンプに行った経験があっても、実際に自分がやるとなると何から準備[…]

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   キャンプ場につくと、パパとママは設営で大忙し。 そのそばで何をしていいのかわからず、暇そうにしている子供たちを見かけます。 […]

以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!