最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

マーベラス(イワタニ)って本当にいいの?「タフまる」と比較した使用感

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。

 

アウトドアで憧れのカセットコンロといえば、イワタニの「マーベラス」ですよね。

あのキャンプ心をくすぐられるおしゃれなデザインが、所有欲を刺激します。

 

しかし、通常のカセットコンロと比べてお値段が3倍以上とものすごく高い!

アウトドア用に作られているから、アウトドア専用の特殊な性能に見合った金額なら納得できるが、実際どうなのか?

「マーベラス」の購入を考えている方は、やはり本当に性能」と「金額」が見合っているのか気になるところだと思います。

 

むひろも、あのデザインが気にって初代の「マーベラス」を所有しました。

初代「マーベラス」と、現行型の「マーベラスⅡ」との違いは、

  • サイズが、数ミリ程度大きくなった(収納時:幅321→380×奥行377→329×高さ109→110mm)
  • 重量が、200gほど軽くなった(約3.0kg→約2.8kg)
  • カラーが、シャンパンゴールドのみ
  • 生産国が、日本になった(旧モデルの生産国はベトナム)
  • 火力調整つまみの位置が、正面→ボンベ横へ移動
  • 取っ手が、短くなり非稼動

と、見た目は点火スイッチの位置が変更されただけで、基本的な性能はほぼ変わりありません。

 

「マーベラス」の使用感だけではどれだけ優れているのか分かりづらいと思います。

そこで、最近人気のイワタニのカセットコンロカセットフータフまると比較して、どれだけ優れているのかをレビューしてみたいと思います。

 

今回のレビューは、初代「マーベラス」の使用感と比較してということになりますが、基本的な性能は現行型の「マーベラスⅡ」とほとんど変わりありませんので、現行型を考えている人にも参考になると思います。

 

イワタニ カセットフー マーベラス とは

(出典:イワタニ)

ガーデンでもアウトドアでも。テーブルをひときわ彩るこんろ。として、外へ持ち出すことに主体を置いたカセットコンロです。

 

イワタニのホームページでは、下記のように紹介されています。

【ポイント1】 「トップカバー」と「風防リング」のW風防で、アウトドアにも最適

取り外し可能なトップカバーの大きな風防と、バーナー周りを囲む風防リングのW風防で、風の気になる屋外での使用にも最適。

 

【ポイント2】 風の影響を抑える多孔式バーナー

炎口を小さくして細かく配置。炎の長さが短く、風の影響を受けにくいバーナーです。3.5kW(3,000kcal/h)の高火力で282個の炎口から出る炎は風に強く、安定した燃焼を実現します。

 

【ポイント3】 イワタニアクセサリーシリーズ専用セットアダプター付き

様々な料理が楽しめる「イワタニアクセサリーシリーズ(別売り)※」も手軽に使用でき、料理の幅が広がります。

・焼肉プレート(CB-P-Y2/Y3)
・たこ焼きプレート(CB-P-T/P-TAF)
・鉄板焼プレート(CB-P-PNAF)
・網焼きプレート(CB-P-AM3)
・焼肉グリル(CB-P-GM)

・マルチプレート(CB-P-JRM)

 

【ポイント4】 取っ手付き本体で屋内外に持ち運びラクラク

本体に取っ手を付けたので、屋内に限らずガーデンやアウトドアなどの屋外にも持ち運びが便利です。

 

【ポイント5】 縦置きも可能! 便利な省スペース収納

トップカバーを閉じてそのまま収納ができる優れもの。また、縦置き収納も可能です。

 

【ポイント6】 火力を落とさず、ガスを無駄なく消費するヒートパネル方式

カセットボンベを使用する器具は、時間とともに火力が低下する性質があります。 これは使用によりボンベの温度が低下し、ガスの気化が悪化してしまうからです。
これを補うため、ボンベを適度に暖めて器具の火力を維持させる「ヒートパネル」が搭載されています。 これにより最後まで火力を維持し、またガスを無駄なく消費することが出来ます。

(出典:イワタニ)

 

イワタニ カセットフー タフまる とは

耐荷重20kg・ダッチオーブンOK・風に強い。アウトドアクッキングをとことん楽しむカセットこんろと、こちらもアウトドアを意識したカセットコンロです。

 

イワタニのホームページでは、下記のように紹介されています。

【ポイント1】 ダブル風防ユニット搭載 

炎に影響を及ぼす風は、外側風防と内側風防の2段階のプロテクトでさえぎります。2つの風防を備えることで、ごとくの上にのる鍋や調理器具の大きさ、形状にかかわらず、安定した遮風効果が得られます。一方、炎の燃焼に必要な空気は、内側風防の下から引き込み、安定した燃焼を支えます。

 

ポイント2】 多孔式バーナー

火足が短く、風の影響で炎が消えにくい。

 

【ポイント3】 アルミダイキャスト製スタンド

熱に強くて丈夫。

 

【ポイント4】 耐荷重20kg・ダッチオーブンOK

 

【ポイント5】 専用キャリングケース

持ち運びに便利で収納もスッキリ。

 

【ポイント6】 楽しみが広がるアクセサリーシリーズ

カセットフー専用アクセサリーシリーズ(別売)のご利用により、焼肉、グリル、網焼き、お好み焼き等、アウトドアでの料理の楽しみ方がさらに広がります。

(出典:イワタニ)

 

「マーベラスⅡ」と「タフまる」の比較

むひろ所有の初代「マーベラス」はすでに廃番品なので、スペックは現行型の「マーベラスⅡ」と「タフまる」との比較です。

 

イワタニ「カセットフー マーベラスⅡ」のスペック

バーベキューコンロ ガス イワタニ / Iwatani カセットフー マーベラスII CB-MVS-2 【送料無料】

created by Rinker
サイズ 収納時:380(幅)×329(奥行)×110(高さ)mm
使用時:最大サイズ:380(幅)×329(奥行)×324(高さ)mm
発熱量 3.5kW(3,000kcal/h)
使用時間 約70分
重量 約2.8kg

火力に関しては、一般家庭用の標準コンロの火力が3,0kwですので、それよりも強力です。

 

イワタニ「カセットフー タフまる」のスペック

【送料無料】イワタニ CB-ODX-1 ブラック ForeWinds [カセットフー タフまる] CBODX1

created by Rinker
サイズ ケースサイズ:372(幅)×362(奥行)×136(高さ)mm
使用時:341(幅)×283(奥行)×129(高さ)mm
発熱量 3.3kW(2,800kcal/h)
使用時間 約75分
重量 約2.4kg(ケース込重量:約3.9kg)

火力に関しては「マーベラス」よりも若干落ちますが、一般家庭用の標準コンロの火力が3,0kwですので、それよりも強力です。

 

細部の比較

アウトドアで使用する上で気になるのは、「サイズ」、「火力」、「重さ」、「使いやすさ」、「価格」、「雰囲気」の6つだと思います。それぞれ比較してみましょう。

 

【サイズ】

マーベラスⅡ 使用時最大サイズ:380(幅)×329(奥行)×324(高さ)mm
使用時最大サイズ:380(幅)×329(奥行)×324(高さ)mm
タフまる ケースサイズ:372(幅)×362(奥行)×136(高さ)mm
使用時:341(幅)×283(奥行)×129(高さ)mm

収納時のサイズは、「タフまる」の方が数センチ大きいが、ほぼ同じ大きさ。

使用時の高さは「マーベラスⅡ」の方が20cmも高いが、これは「蓋」を開けてあるからです。

 

この蓋は取り外しできますので、使用時に関しても大きさの違いはほぼないと言っていいでしょう。

 

サイズの優劣は、引き分けです。

 

【火力】

マーベラスⅡ 3.5kW(3,000kcal/h)
使用時間:約70分
タフまる 3.3kW(2,800kcal/h)
使用時間:約75分

火力は「マーベラスⅡ」の方が0.2kw強いが、実際に使ってみるとほとんど分からないレベルです。

逆に使用時間は「マーべラスⅡ」の方が5分ほど短いが、これも使用状況で左右されるので、そこまで気になる差とは言えないでしょう。

 

火力の優劣は、引き分けです。

 

【重さ】

マーベラスⅡ 約2.8kg
タフまる 約2.4kg(ケース込重量:約3.9kg)

収納時の重さは「タフまる」の方が約1kg重いです。

しかし、この1kgはケースの重さです。「タフまる」は専用の収納ケースが付属していますので、積載の時などに本体に傷がついたりするのを防いでくれるため、逆にメリットになりえます。

 

また、逆に使用時の重さは「タフまる」が400g軽いですが、使っている時にあっちこっち動かすことはないので、これは気にならないでしょう。

 

重さの優劣は、引き分けです。

 

【使いやすさ】

(出典:Amazon)

  • 耐荷重…「タフまる」は20kgまでOKと公式で発表されていますが、「マーベラスⅡ」は耐荷重がはっきりと記載されていません。「マーベラスⅡ」はその見た目のタフさからダッチオーブンで料理などしていますが、この辺は自己責任ということになりそうです。
  • 点火方法…「マーベラスⅡ」の方がつまみが大きく回しやすいですが、そこまでの優位性はないでしょう。
  • 風への強さ…両方とも風防は付いていますが、「タフまる」の風防は内側と外側の2段階のプロテクトとなっており、「マーベラスⅡ」より優れています。
  • 持ち運びのしやすさ…「マーベラスⅡ」は蓋を閉めれば収納になるので手軽で便利です。しかし「タフまる」の収納も専用ケースに入れるだけですので、それほど手間はかかりません。
  • 拡張性…両方ともオプションの各種プレートが使用できますので、優劣はありません。

使いやすさは、風への強さダッチオーブンOKとはっきりと記載されていて安心な「タフまる」の勝利

 

【価格】2019.2.10現在のAmazon価格

マーベラスⅡ 15,180円
タフまる 6,975円

「マーベラスⅡ」の約半額で「タフまる」が購入できます。

 

値段の優劣は、「タフまる」の勝利

 

【雰囲気】

(出典:Amazon)

見た目の雰囲気やワクワク感は、唯一無二のデザインの「マーベラスⅡ」と、家庭用コンロの延長線上のデザインの「タフまる」とでは、比べるまでもなく「マーベラスⅡ」の圧勝です。

 

雰囲気の優劣は、「マーベラスⅡ」の勝利

 

まとめ

それぞれが優れていた点をまとめてみると

  • マーベラスⅡ…雰囲気
  • タフまる…耐荷重、風への強さ、価格

となりました。

 

「マーベラス」はアウトドア感に溢れた素晴らしいカセットコンロですが、その実力は「タフまる」に劣る結果となりました。

とはいえ、通常の使用でそこまでの差はなく、どちらも使い勝手の良いカセットコンロだと思います。

 

あとは、2倍の価格差をどう見るかです。

 

実力面ではやや劣りますが、その見た目に2倍の金額を出せるかどうか…

そもそも実力面では劣るのに、なぜ価格が2倍のものが人気なのか…

 

それはアウトドアは趣味性が高く、雰囲気を大事にしている方が多いということでしょう。

むひろもその価格差に見合う理由を、見た目以外あげることはできません。

 

かく言うむひろも「マーベラス」を所有しています。

しかし「マーベラス」を購入した理由は、雰囲気を大切にしているとかそういうものではなく、ただ単純に一目惚れしてしまったのでポチりました(/∀\*))テヘ♪”

 

「マーベラス」のデザインは、他のカセットコンロとは一線を画しており、スタイリッシュでオシャレです。

もし、もっとミニマムにアウトドア感を出したいのであれば、シンプルな機能美が魅力のシングルバーナーもオススメです。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   料理をしていると「あと一つコンロがあると便利なのに」と思うことありませんか? むひろはママがキャンプの御飯を作っているときに、[…]

関連記事

(出典:SOTO) SOTOの人気のシングルバーナー「ST-301」と「ST-310」の2つとも持っているむひろです。   荷物が増えてくると持っていくものが多くて積載が大変ですよね。 テトリスのように[…]

 

いかがでしたでしょうか。

これからアウトドア用のカセットコンロの導入を考えている方は、雰囲気も楽しみたい人は「マーベラス」、実用性重視なら「タフまる」をチョイスすると良さそうです。

 

<今回ご紹介した商品>

<おすすめの関連記事>

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   アウトドアで使うキッチンウェアの「鍋」は、みなさん何をお使いですか? 初めのうちは家にある鍋を持っていくことが多いと思いますが[…]

関連記事

(出典:スノーピーク) キャンプで「ガストーチバーナー」を必ず使っているむひろです。   「ガストーチバーナー」をみなさんご存知だと思いますが、「実際使ってみてどうなんだろう?」と、その使用感や利便性が気にな[…]

関連記事

(出典:ユニフレーム) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   一目惚れして「清水の舞台から飛び降りる」思いで手に入れたユニフレームの「ユニセラロング」。 [sit[…]

以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!