主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

初めてのファミリーキャンプはLEDランタン2個以上がおすすめ!

初めてキャンプに行くときに絶対に必要なランタン。

 

なるべく明るくサイトを照らしたいけど、どんなランタンを選べばいいのか分からない人も多いのでは。

適当に安いランタンを購入するとランタンの光量が弱く、夕食の支度の時などに暗くてよく見えなかったり、すぐに電池切れになったりと困った状態に。

 

それはそれで楽しいこともあり時間が経てば笑い話にもなりますが「暗くてよく見えない」のはやはり危険。

 

では、どのようなランタンがいいのか?

 

ランタンにも種類がありそれぞれ特徴がありますが、結論から言うと、初心者が選ぶべきランタンは「LED」ランタンです。

 

そしてランタンは最低でも2個以上用意すること

 

それではなぜ「LED」ランタンがお勧めなのかお話しします。

初めてのファミリーキャンプは「LED」ランタンがベストの理由

ランタンを調べてみると、種類も大きさも値段も含め、多種多様のランタンがあります。

 

ランタンを選ぶ上で最も注意してもらいたいのが「燃料」。

 

ランタンは燃料で分けると主に下記の4種類に分けられます。

  1. ホワイトガソリン
  2. 灯油
  3. ガス
  4. バッテリー・電池(LED)

この「燃料」によって大きく使い勝手が変わってくるので注意が必要。

 

それぞれ特徴を簡単に下記にまとめました。

①ホワイトガソリン

車に入れるガソリンとは違うので注意

 

購入する時はホームセンターやアウトドア用品店などで購入します。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,664 (2020/10/27 14:30:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

ホワイトガソリンのメリット・デメリットは下記の通り。

 メリット 

  • 明るい
  • 寒さに強い
  • 雰囲気がある

 デメリット 

  • メンテナンスが必要
  • デリケート
  • 熱が発生
  • 燃料の扱い
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥16,479 (2020/10/27 17:35:10時点 Amazon調べ-詳細)

とても明るく気温が低くても安定した光源を確保できる。

 

見た目もキャンプシーンを盛り上げる雰囲気があり、キャンプに慣れてきたら追加したいアイテム。

 

しかし、定期的なメンテナンスやデリケートに扱わないと故障しやすく、また「火」を扱うので小さい子供がいる場合は注意が必要。

 

夜ランタンをつけようと思ったら些細なことで「点灯しない」ことも良くあり、その時にリカバリーできる知識や替えの準備をしておける経験値がないと厳しい。

 

よってキャンプ初心者の方には扱いづらい。

 

特にファミリーキャンプに慣れていないうちはいろいろなことに時間がかかり、また小さい子供が触って火傷をする危険性もあるので最初に揃えるランタンとしては不向き。

 

ただし、使えなければ飾るつもりで持っていくのであれば全然あり。

 

②灯油

ホワイトガソリンとメリット・デメリットは大体同じ。

 メリット 

  • 明るい
  • 寒さに強い
  • 雰囲気がある

 デメリット 

  • メンテナンスが必要
  • デリケート
  • 熱が発生
  • 燃料の扱い

ホワイトガソリンと同じ理由で、ファミリーキャンプに慣れていないうちは避けた方が無難。

 

③ガス

コンビニやホームセンターでも売っているカセットガスや、アウトドア用品店などで購入できるOD缶が燃料。

 

種類によりそれぞれ使えるガスが決まっているのでガスを間違えて購入しないように注意。

 

ガスのメリット・デメリットは下記の通り。

 メリット 

  • 比較的明るい
  • 比較的扱いやすい
  • 比較的軽い

 デメリット 

  • ホワイトガソリンランタンに比べデザイン性に欠ける
  • 寒さに弱い
  • 熱が発生

ガスランタンの中でも「マントル」(合成繊維)を使って点灯するものは明るく照らすことができる。

 

また燃料系のランタンに比べて本体は故障しにくく、扱いにそれほど気を使わなくてもよい。

 

そして燃料は「ガス」なので燃料を装着したときの重量も軽く、高いところに吊るすときも比較的安心。

 

デメリットとして「デザイン性に欠ける」は、ガス缶をセットしなければならないので、ガス缶を取り付けると見た目が間延びしてしまうこと。

 

もちろん短いガス缶を付けることもできるが燃焼時間が短くなり実用的ではない。

 

また「ルミエールランタン」のように炎の揺らめきを見ながら雰囲気を楽しむガスランタンもある。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   「ルミエールランタン」とは、コールマンから出ているキャンドル型のガスランタンのことです。 まずは「ルミエールランタン」を購入し[…]

雰囲気を楽しむランタンは燃料に関わらずたくさんあるがここでは割愛します。

 

「寒さに弱い」は氷点下に近づくと「ガス」は気化しにくくなり、燃えることが困難になり使えなくなる。

 

よって寒い時期や標高の高いところでは不向き。

 

ただし暖かい時期にしかキャンプをしないのであれば「寒さ」のデメリットはほとんどない。

 

また「熱」が発生するので小さい子供がいる場合は注意が必要。

 

④バッテリー、電池(LED)

 メリット 

  • 熱が発生しない
  • 取り扱いが簡単
  • サイズも小さく軽い
  • 充電できるものもあり電池ならコンビニでも売っている

 デメリット 

  • 雰囲気が出ない
  • 実用的でないものが多い

バッテリーや電池を電源とする「LEDランタン」は「熱」を発生しないので、小さい子供がいるファミリーキャンプに最適。

 

小さい子が触っても「火傷」の心配がなく、テントなどの熱に弱い幕体の近くにおいても溶かすこともない。

 

また子供が落としたり乱雑に扱っても壊れにくく、防水仕様のものも多くあり、水に濡れても大丈夫。

 

サイズも燃料系と比べるとかなり小さいものもあり、また圧倒的に軽い。

 

周囲を照らす明るさも燃料系に劣らないくらい大光量のものもあり、キャンプで使う分には十分な明かりを得られるものも多い。

 

デメリットとしては、燃料系を模倣したものだと大切な光の広がりをスポイルしてしまいせっかくの長所を潰してしまっているものも多い。

 

個人的には燃料系ランタンを模倣したものよりも、独自のデザインで作られている方が無駄がなく良い。

 

また様々なLEDランタンが発売されているが、光量が足りなかったりすぐに壊れてしまう粗悪品も多いので注意が必要。

 

LEDランタンがおすすめの理由

ホワイトガソリン、灯油(燃料系)

百年近く前から利用されているランタンだけあってキャンプの雰囲気を楽しむなら燃料系が最適。しかし本体はデリケートでメンテナンスが必須であり知識と経験が必要。ただしそこまで恐れるものではなく、やる気さえあれば上手に扱うことはできる。初めてのファミリーキャンプでは色々とやることが多く、アクシデントの多い燃料系ランタンに構っている時間はないので、素直に別のランタンを用意した方が幸せ。

ガスランタン

見た目は間延びしてイマイチだが燃料系よりも壊れにくくメンテナンスも燃料系と比べそれほど必要としない。カセットガスなら入手も容易でコンビニでも購入できる。光量もそれなりにあるものの寒い時期には使えないこともしばしば。ガス缶を利用するため大きさもそれなりにある。ガスランタンを使っている人の多くは一度燃料系のランタンを使用したがメンテナンスなど手間がかかることを嫌い、燃料系より手軽に使えるガスランタンに変えた人が多い。

バッテリー・電池(LEDランタン)

燃料系のランタンを模倣しているものが多いが、独自のデザインのものの方が使えることが多い。「熱」が発生しないので小さい子供がいる家庭や「火」の扱いに不慣れなうちは「 LED」が最も安心できる。また乱雑に扱っても壊れにくく防水仕様のものも多い。光量もキャンプで使うには十分な明かりを確保しているものも多く、操作も準備も簡単で軽量コンパクトなのが特徴。燃料は電池や充電式バッテリーなので、充電式の電池やモバイルバッテリーを用意すればランニングコストは低く抑えられ、充電切れも回避できる。

このように「LEDランタン」は扱いやすくて光量もそれなりにあるものが多く、軽量コンパクトで充電して何度でも使える。

 

電池式ならいざという時には電池はコンビニでも購入でき、充電式ならモバイルバッテリーを持っていけば充電切れを起こすことも少ない。

 

初めてのファミリーキャンプでは本当にやることが多くあっという間に時間が過ぎてしまい、何か一つでもハプニングが起こると全ての予定が狂ってしまいます。

 

しかも夜間に絶対必要な「明かり」をしっかり確保できないとその場でキャンプは終了。

 

絶対に必要なものほど簡単で確実に用意できるものでなければなりません。

 

よって初めてのファミリーキャンプには「LEDランタン」がベストなのです。

 

ランタンは最低2個必要

ランタンは最低2つは用意しましょう。

 

ランタン(光源)を用意する目安の数として、2人に1つ以上の光源があると安心です。

 

もし5人でしたら、ランタン(光源)は3つが目安になります。

 

2つのランタンの使い方のイメージとしては、タープやテント内全体を照らしたりするもの(メイン)を1つと、テーブルの上や調理場など特に明かりが必要なところ用(サブ)に1つです。

 

どんなに明るいランタンでも1つだけだと死角はできますし、それに明るいランタンを近くに置くと虫の大群がやってきますよ(^^;;

 

またランタン1つだけですと、誰かがトイレに行くときに持って行かれたら、サイトが真っ暗になってしまいます (;^_^A アセアセ・・・

 

それに万が一の故障もあるのでソロャンプでも必ずランタン(光源)は最低2個持っていきましょう。

 

ここが「できるパパ」と「頼りないパパ」になる大きな分岐点。

 

またランタン以外にもヘッドライトがあると便利です。

関連記事

夜間設営のため、充電式のヘッドライトを購入したむひろです。   先日のゴールデンウィーク前半の前入りキャンプで、「ダイソー」のヘッドランプを試しに使ってみたら、結構使えることに驚き! [sitecard […]

ソロキャンプならランタン1個とヘッドライト1個あれば十分。

 

もう一度言いますが、ランタン(光源)の数の目安としては4人家族なら最低2つ、5人家族なら3つ必要。

 

さらにヘッドライトがあると料理の時や探し物をする時、トイレに行く時など非常に便利だし子供もつけたがるので用意して置くといいですよ。

 

オススメのLEDランタン

4人家族ならメインのランタン用に1つと、サブに1つ。

 

5人家族ならメインのランタン用に1つと、サブに2つ。

 

暗いのが嫌な人はメイン2つにサブ1つ。

 

これを目安に揃えましょう。

ルーメナー

created by Rinker
LUMENA(ルーメナー)
¥10,980 (2020/10/27 21:36:36時点 Amazon調べ-詳細)

メインで使える充電式のLEDランタン。

 

最大光量は1300〜1800ルーメン(90〜130Wの電球相当)とメインランタンとして申し分ない。

 

最大のサイズはiPhone11とさほど変わらない大きさで、重さは440gと500mlのペットボトルより軽い。

 

携帯性も申し分なく光量も十分なLEDランタン。

 

難点は10000円を超える価格。

 

いきなりランタンに10000円オーバーを支払うことは難しいが、間違いなく使い勝手の良いランタンです。

 

クレイモア ウルトラ プラス

ルーメナーと同じメインで使える充電式ランタン。

 

ルーメナーより一回り大きく、最大光量は2700ルーメンと6畳の部屋を十分に照らすことができる光量で日常生活でも普通に使える明るさ。

 

難点はやはり値段だが、ルーメナーより安く購入できるのでこちらもおすすめ。

関連記事

人気に火が付いてきた「クレイモア」から、新型の『クレイモア ウルトラプラス』が発売されました。   「クレイモアプロ」は当ブログでも紹介しており、人気記事の1つになっています。 [sitecard sub[…]

コールマン クアッドマルチパネルランタン

メイン&サブで使える電池式のランタン。

 

4面についているパネルを外して使うことができる。

 

これ1台で4つ+1の光源を確保できるのでとても使いやすい。

 

欠点としてはサイズが大きいことと、単一電池が最低4本、MAXで使うなら8本必要なこと。

 

単一電池を毎回用意するのもコスパが悪いので、エネループや単三→単一変換アダプターを使用するなどしてランニングコストを抑えたい。

 

ジェントス EX-136S

乾電池式のメインの代わりもできるランタン。

 

明るさは370ルーメンと上記ランタンに比べると控えめだが、ソロなら文句なくメインランタンとして使用できる。

 

ファミリーキャンプでもこれが2つあれば十分な光量が確保できる。

 

将来大光量のメインランタンを購入すればサブとしても使えるので、非常に使い勝手の良いランタン。

 

このランタンの弱点は単三電池6本を使用するため、一般的な充電器は単三4本までなので充電に少し手間がかかることと、最小光量にしても明るいので常夜灯としては明るすぎること。

 

充電式で無段階調光できる136sが新発売したら絶対に購入するだろう。

 

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   初めてキャンプに行くときに絶対に必要なランタン。   なるべく明るくサイトを照らしたいけど、どんなランタンを選[…]

 

ベアボーンズ ビーコンライト

充電式のサブランタン。

 

明るさは220ルーメン(25W相当)と明るさは控えめだが、デザインが秀逸。

 

上記のランタンに比べると220ルーメンは控えめだが、ソロならこれ一つでも雰囲気が出て良い。

 

ファミリーキャンプでもこれ2つあればある程度カバーできるが、サブ的な使い方の方が向いている。

関連記事

(出典:Barebones Living) ベアボーンズの「ビーコンライト」が、欲しくてたまらないむひろです。   「キャンプシーンをもっと雰囲気あるものにしたいな」って思ったことありませんか? &nb[…]

 

LEDヘッドライト

充電式のヘッドライト。

 

ランタンではありませんが、サブのサブとしてヘッドライトがあると非常に便利。

関連記事

夜間設営のため、充電式のヘッドライトを購入したむひろです。   先日のゴールデンウィーク前半の前入りキャンプで、「ダイソー」のヘッドランプを試しに使ってみたら、結構使えることに驚き! [sitecard […]

夜のバーベキューの時に肉が焼けているかどうか確認するときや、探し物をする時など両手が使えるのでとても使いやすい。

 

トイレの時も頭につけっぱなしなので、ランタンみたいにその辺に置かずに済むので衛生的。

 

使い勝手が良すぎて、ソロキャンプの時はヘッドライト1個で過ごしてしまうことも。

 

ヘッドライトは一つあると便利なのでおすすめです。

まとめ

ホワイトガソリン、灯油(燃料系)

百年近く前から利用されているランタンだけあってキャンプの雰囲気を楽しむなら燃料系が最適。しかし本体はデリケートでメンテナンスが必須であり知識と経験が必要。ただしそこまで恐れるものではなく、やる気さえあれば上手に扱うことはできる。初めてのファミリーキャンプでは色々とやることが多く、アクシデントの多い燃料系ランタンに構っている時間はないので、素直に別のランタンを用意した方が幸せ。

ガスランタン

見た目は間延びしてイマイチだが燃料系よりも壊れにくくメンテナンスもそれほど必要としない。カセットガスなら入手も容易でコンビニでも購入できる。光量もそれなりにあるものの寒い時期には使えないこともしばしば。ガス缶を利用するため大きさもそれなりにある。ガスランタンを使っている人の多くは一度燃料系のランタンを使用したがメンテナンスなど手間がかかることを嫌い、燃料系より手軽に使えるガスランタンに変えた人が多い。

バッテリー・電池(LEDランタン)

燃料系のランタンを模倣しているものが多いが、独自のデザインのものの方が使えることが多い。「熱」が発生しないので小さい子供がいる家庭や「火」の扱いに不慣れなうちは「LED」が最も安心できる。また乱雑に扱っても壊れにくく防水仕様のものも多い。光量もキャンプで使うには十分な明かりを確保しているものも多く、操作も準備も簡単で軽量コンパクトなのが特徴。燃料は電池や充電式バッテリーなので、充電式の電池やモバイルバッテリーを用意すればランニングコストは低く抑えられ、充電切れも回避できる。

初めてのファミリーキャンプで初めて購入するランタンなら「LEDランタン」がおすすめ。

 

スイッチを押せば点く手軽さで子供でも安心して使うことができる。

 

絶対に必要なものほど簡単で確実に用意できるものでなければ、アクシデントがあった時にはキャンプは終了になりますよ。

 

燃料系のランタンがダメと言っているわけではなく、初めての方には敷居が高く扱いづらいのです。

 

もちろん使えなかったら「飾りとして置いておく」ことができるように他のものを用意しておくのなら持っていくのは全然あり。

 

まぁ、キャンプに慣れてきたら燃料系のランタンを使用して玄人感を出していけば安心してキャンプ沼に浸かっていけるでしょう(笑)

 

それでは「LEDランタン」で初めてのキャンプを楽しんでくださいね。

 

<今回ご紹介したアイテム>

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!