最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

ワンポールテントTC&レクタングルタープTC|ナチュラム×テントファクトリーのTC生地のコラボ商品

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。

 

ナチュラムとテントファクトリーの2019年のコラボ商品が発売されているね。

 

僕はTC素材の「ワンポールテントTC」と「レクタングルタープTC」が気になるワン。

 

テンマクデザインの人気のテント「サーカス」が品薄で手に入りにくいので、この「ワンポールテントTC」も人気が出そうだね。

 

Name
そうなんだワン。「サーカス」は「BIG」ならあるけど、普通のタイプは4月下旬まで待たないといけないワン。

 

「ワンポールテントTC」は、39,800円で「サーカス」より約5,000円ほど高くなるけど、「メッシュ」が付いていたり、「六角形」になったりして使い勝手もよくなっているんだよ。

 

それは気になるね。 詳しく教えてワン!

 

 

ワンポールテントTC

本体サイズ 460×390×280cm
収納サイズ 68×27×27cm
素材
ポール:スチール(粉体塗装)
テント:TC(ポリエステル45%・コットン55%)
撥水コーティング済
総重量 約13kg
入口高 約180cm
耐水圧  2000mm
価格(税込) 48,600円(実売価格39,800円)

 特徴 

  1. 六角形
  2. 前後入り口にメッシュ
  3. スカート付き
  4. TC生地
  5. 価格

 

1, 六角形

「サーカス」は『五角形』なのに対して、「ワンポールテントTC」は『六角形』。

好みは分かれるところですが、「円形」に近いほど室内空間は広くなりますので、「ワンポールテントTC」の方がこの点では有利かなと思います。

また『六角形』は、前後左右が対称の形になるのでレイアウトもしやすく、前後のドアも対称の位置にあるので風の通りも良くなります

 

2, 前後入り口にメッシュ

これは嬉しい機能です。

虫の多い季節も、『メッシュ』にすることによって虫は防ぐけど、涼しい風は通してくれる

夏の暑い夜も前後を『メッシュ』にすることによって、不快な暑さをかなり軽減できそうです。

 

また入り口が前後に二箇所あると、テントへのアクセスが容易になるのも嬉しいポイント。

トイレなどに背を向けてテントを設営しても、トイレに行く時は後ろから出られるので、グルッと一周する煩わしさがないのは、ちょとしたことだけど夜とかは嬉しいですね。

 

3, スカート付き

テント下部にスカートが付いていますので、寒い冬も冷たい風の吹き込みを防いでくれて、オールシーズン使えるテントになっています。

 

4, TC生地

『ワンポールテントTC』の一番の特徴が『TC(ポリコットン)』生地を使用していることです。

『TC』という表記に違和感を感じることもあるかとは思いますが、一般的に広く用いられている表記になってしまっていますので、当サイトも一般的な総称として取り扱いさせていただきます。
関連記事

(出典:アマゾン) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   実は、昨年の5月に行ったグルキャン前に、購入する寸前までいったテントがあります。 設営が簡単でおしゃれに[…]

 TC生地とは 

ポリエステルとコットンを混紡した素材のこと。肌触りが良く、通気性・吸湿性に優れています。

ポリエステルとコットンを混紡した『TC生地』は、「夏は涼しくて、冬は暖かい。水と汚れに強いのに、通気性がよい。結露もしにくく、焚き火の火の粉にも強い。」という、いいとこ取りの生地です。

ただし、「ナイロンの生地に比べて重い」「湿気に弱くカビやすい」という、デメリットもあります。

現在人気の高い『TC生地』。

特に、『火の粉に強い』のが特徴としてあげられますが、決して「燃えない」わけではありませんので、注意してください

「ナイロン」に比べて、『火の粉で穴があきにくい』というイメージで使用されることをおすすめします。

 

5, 価格

家族4人でも十分使える広さのTC生地のテントで、メッシュ付きなどの魅力的な特徴を持っているのに、価格が4万円を切る低ロープライス

これで人気が出ないわけがありません。

TENT FACTORY(テントファクトリー) ワンポールテントTC(ポリコットン) TF-TCP6

created by Rinker

 

レクタングルタープTC

本体サイズ 幅4250×奥行き4450(mm)
素材 TC(ポリエステル45%・コットン55%)
付属品 ロープ、ペグ、収納袋
価格(税込) 20,304円(実売価格16,800円)

 特徴 

  1. 多数のループ
  2. TC生地
  3. 価格

 

1, 多数のループ

人気のレクタタープといえば「タトンカ タープ 1TC」。

「タトンカ タープ 1TC」は、ループがたくさんあって張り方のアレンジができ、しかも「TC生地」なので人気が高い。

その人気の「タトンカ タープ 1TC」と、サイズもループの数も全く一緒なのが「レクタングルタープTC」なのだ。

ループがたくさんあり、しかも正方形に近いとアレンジしやすいので、今はやりの上記のような張り方もできる。

個人的に「タトンカ タープ 1TC」も欲しかったので、これはとても嬉しい。

カラーも「サンドカラー」なので、所有している「リビングシェル」の色とピッタリなんじゃないかと妄想中。

関連記事

(スノーピーク公式より) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   むひろ家ではスノーピークのアメニティドームも所有していましたが、現在はリビングシェル単体で運用しています[…]

 

2, TC生地

「ワンポールテントTC」と同じ『TC生地』。

ポリエステルとコットンを混紡した『TC生地』は、「夏は涼しくて、冬は暖かい。水と汚れに強いのに、通気性がよい。結露もしにくく、焚き火の火の粉にも強い。」という、いいとこ取りの生地です。

 

ただし、ナイロンの生地に比べて重い」「湿気に弱くカビやすい」という、デメリットもあります。

タープは、より焚き火に近くなりますので、『TC生地』の恩恵が高まります。

ただし、燃えないわけではありませんので、火の取り扱いには十分注意してください。

 

3, 価格

「TC生地」のレクタタープなのに、20,000円を下回るロープライス

しかも「タトンカ タープ 1TC」の現在の販売価格が29,800円なので、13,000円も安く購入することができます。

これはとてもお買い得です。

これで人気が出ないわけがありません。

TENT FACTORY(テントファクトリー) レクタングルタープTC(ポリコットン) TF-TCRT4244

created by Rinker

 

まとめ

「ワンポールテントTC」もさることながら、個人的に「レクタングルタープTC」が欲しい!

「タトンカ タープ 1TC」か「DODチーズタープ」か「ゼインアーツのゲウ」のどれかが欲しいと思っていたので、これは嬉しい伏兵が現れました。

色味も「リビングシェル」にマッチしそうなので、ポチりそうです。

 

「ワンポールテントTC」もサンドカラーで、渋く決めることができ、前後入り口にメッシュまで付いているので、これはいいですね。

ただし、専用のインナーテントなどが現在ありませんので、シートを敷いて寝るか、カンガルースタイルか、コット寝か悩むところですね。

関連記事

(出典:スノーピーク) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   地面にレジャーシート広げて使っていると、砂利や芝生が入ってきて気になることってありませんか? 気をつ[…]

関連記事

(表記のない全ての出典画像:Amazon) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   キャンプに来ると「地面が硬くてなかなか寝付けない」「夜何度も目が覚める」「朝起きると体[…]

いかがでしたでしょうか。

ナチュラム×テントファクトリーのTC生地のコラボ商品。

どちらも人気が出そうな商品ですので、気になる方は早めにゲットした方が良さそうです!

 

<今回ご紹介した商品>

<おすすめの関連記事>

関連記事

(全ての出典画像:ゼインアーツ) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   昨年より情報を発信したブランドのゼインアーツ(ZANE ARTS)。 その新しく歩みだした[…]

関連記事

(全ての出典画像:DOD) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   昨年の6月( 2018.6 )にDODから発売された「ロクロクベース」をご存知ですか? DODさ[…]

全ての出典画像は楽天市場さんからお借りしました。

以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!