主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

【GILIA(ギリア)】2人用・5人用インナー付属のお得なテント

こんにちは。物欲が溢れ出て止まらないむひろです。

 

サバティカル(A&Fカントリー)の「GILIA(ギリア)」は、2人用・5人用の二種類のインナーテントがセットになったトンネル型テント。

 

「GILIA(ギリア)」があればファミリーからデュオ、父子、母子まで一つのテントでまかなえちゃう。

 

今までありそうでなかった2種類のインナーテントがセットになり、余分にテントを揃える必要がなくなるので1粒で二度美味しいテント「GILIA(ギリア)」。

 

そんな使い勝手の良い「GILIA(ギリア)」のご紹介です。

GILIA(ギリア)

サイズ 300×520×H170cm
収納サイズ L67cm×W35cm×H30cm
本体×1 フライ 75Dポリエステルタフタ・PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工・UV加工
メインポール長×1、メインポール短×2、ブリッジポール×2
インナーテント×2 ウォール 68Dポリエステルタフタ/ボトム 210DポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
・5人用 280×250cm
・2人用 150×250cm
付属品 キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1
2mロープ×6、3mロープ×4、ペグ×22
重量 総重量13.8㎏(ポール3.1㎏、ペグ1.76㎏)

2020.4月末〜5月発売予定

販売サイト:「GILIA(ギリア)」

特徴

 Good Point 

  • 2種類のインナーテントがついて39,800円の低価格
  • 2ルームとして使用出来る

 Not good Point 

  • 高さがやや低い
  • メッシュがない
  • スカートがない

 

◎2種類のインナーテントがついて39,800円(税抜)の低価格

2人用
5人用

2人用と5人用の2種類のインナーテントがついて39,800円(税抜)は嬉しい低価格。

 

むひろが使っているリビングシェルのインナールームが24,500円(税別:2020.1.5現在)。

関連記事

(スノーピーク公式より) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   むひろ家ではスノーピークのアメニティドームも所有していましたが、現在はリビングシェル単体で運用しています[…]

 

単純に比較すると、スノーピークのインナールーム2つ買うよりGILIA(ギリア)買ったほうが安い!

 

まあ、スノーピークと比較するのはアレだとしてもテント2つ分って考えれば十分に安いのでは。

 

しかも人数に合わせてインナーテントを変えるだけで済むので、将来子供が出来た時でも対応できるし、その逆の子供がいなくなってからも対応できる。

 

もちろんソロ使用で広々使ってもいいし、将来彼女が出来ても対応できるし、女子からの突然のキャンプ要請(あるのか?)にも応えることができる。

 

まさに「備えあれば憂いなし」のテント。

 

そんな使い勝手の良さが魅力の「GILIA(ギリア)」です。

 

◎2ルームとして使用出来る

2人用のインナーテントなら約3m×3m(4.5畳と同等)の広々としたリビングスペースを利用できる。

 

5人用のインナーテントなら約3m×2m(3畳と同等)の前室として使える。

 

5人で約3m×2mのスペースは手狭ですが、夜寝るときにタープ下の道具を中に入れて保護することができるので、防犯対策としては十二分に使えます。

 

▲高さがやや低い

「GILIA(ギリア)」の高さは最高で170cm。

 

これは一般の男性ですと頭が当たってしまう高さ。

 

現在はロースタイルが主流なので、低めの椅子に座れば頭上の空間はさほど気にならないと思います。

関連記事

スノーピークの「ローチェア30」が買えなくて、フィールドアの『クイックチェア』を購入したむひろです。   チェアを買うつもりは全くなかったのですが、先日フィールドアより、スノーピークの「ローチェア30」にソック[…]

 

また高さが低いと相対的に「風に強く」なるし、さらに「ブリッジフレーム」構造で耐風性を高めているので、風が強くなってもある程度安心(無理はしないように)できるのはメリット。

 

▲メッシュがない

これはちょっと残念なポイント。

 

標高が高く虫のあまりいないキャンプ場ならいいですが、低地のキャンプ場でしたら虫除け対策が必須です。

関連記事

むかし「ブヨ」に刺されてからは虫除けに気をつけているむひろです。   夏キャンプにつきものなのが「蚊」や「虫」。   どの「虫」も嫌なものですが、中でも「ブヨ」に刺された日には、地獄の「痛[…]

 

メッシュをつけると価格が高くなってしまうとは思いますが、メッシュはつけてもらいたかったな〜。

 

まぁ、寝るときはインナーテントに入れば4面メッシュになっているので暑さも虫も大丈夫なんだけどね。

 

▲スカートがない

これは賛否が分かれますが、メッシュがないのならスカートもいらないのかな。

 

いくらメッシュでガードしてもスカートがなければ下から虫が入ってくるので意味ないですよね。

 

それから寒い冬はスカートがあったほうが暖かくていいのですが、中でストーブを焚くと一酸化炭素中毒が怖いし、朝の結露も多くなりがち。

 

そんな時はスカートがないほうが安心できるってもんです。(ポジティブシンキング)

 

まとめ

 Good Point 

  • 2種類のインナーテントがついて39,800円の低価格
  • 2ルームとして使用出来る

 Not good Point 

  • 高さがやや低い
  • メッシュがない
  • スカートがない

「GILIA(ギリア)」は2種類のインナーテントが付属している一粒で二度美味しいテント。

 

将来子供が増えても対応できるフレキシブルさと低価格が魅力。

 

反面、メッシュやスカートがないといったちょっと残念なポイントもあるけど、よくよく考えたらテントをフルメッシュにして使った記憶はほとんどない。

 

ということは、ほとんど使うことのないメッシュはなくてもいいのかも。

 

余計なものはそぎ落とす反面、必要なものを2種類用意してフレキシブルに長く使えるようにしているのが「GILIA(ギリア)」の特徴。

 

この値段でこのクオリティは他にはなかなかない。

 

そんな様々な人数に対応できる「GILIA(ギリア)」でこれからのキャンプライフを楽しんでみませんか。

 

発売は2020.3月頃の予定ですので、気になる方は随時チェックを忘れずに!

 

<今回ご紹介したアイテム>

「GILIA(ギリア)」

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!