主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

DOD「ロクロクベース」は広くてリーズナブルで簡単設営の優れもの

(全ての出典画像:DOD)

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。

 

昨年の6月( 2018.6 )にDODから発売された「ロクロクベース」をご存知ですか?

DODさんの勢いはすごいですね。

 

数年前のカマボコテントから始まり、その後も続々と魅力的なテントを発売しています。

こちらの「ロクロクベース」も非常に魅力的なテントとなっております。

 

どこが魅力的かと申しますと、「ロクロクベース」はその名の通り、6m×6mの約21畳もある広い床面積のテントなのに、価格が6万円(税別:2019.1.23現在)とリーズナブルで、使用するポールも6本立てるだけ。

と、その名の通り「6」にこだわったスペック?となっています。

 

さらに、ペグ打ち4本で立ち上がる簡単設営(使用するには最低後10本必要です)。

ベースは2ポールテントですが、2ポールテントのデメリットである居住性をクリアしたのが、この「ロクロクベース」。

 

タープいらずで簡単設営の「ロクロクベース」は、「とにかく設営を楽にしたい。でも居住性も犠牲にしたくない」というわがままなニーズにピッタリのテントです。

それでは、この魅力的な「ロクロクベース」を詳しく見ていきましょう。

DOD「ロクロクベース」とは

贅沢キャンプを実現できる。
正方形で扱いやすい6m×6mの快適大型シェルターテント。

立てるのが難しい、収納サイズが大きい、値段が高い。
ロクロクベースは、そんな大型シェルターテントの常識を打ち破ります。
シンプルな6m×6mの正方形構造を採用。大きいサイズなのに組み立てやすく、収納サイズも一人で運べるくらいコンパクトに抑えました。
昼はフルメッシュで風通し抜群のタープ、夜はフルクローズでそのままテントやベッドを入れてシェルターテント。
道具をすべて中に入れることのできる、便利で贅沢な空間が出来上がります。

(出典:DOD)

 

DOD「ロクロクベース」のスペック

カラー タン
希望小売価格 オープンプライス
サイズ (約)W600×D600×H250cm (スカート、ストームロープを含まず)
収納サイズ (約)W70×D35×H30cm
重量(付属品含む) (約)15.1kg
最低耐水圧 2000mm
材質 アウターテント:150Dポリエステル(PUコーティング、UVカット加工)、ポール:アルミ合金、ペグ:スチール、アルミ合金
UVカット UPF 50+
付属品 キャリーバッグ、29㎝スチールペグ6本、28㎝アルミペグ14本、4mロープ×2、3mロープ×10本

 

DOD「ロクロクベース」の特徴

 

・頑丈ペグが6本付属しているのは嬉しいポイント。新しく鋳造ペグを購入しなくて済みます。

 

・4辺のサイドが巻き上げられるので、運動会のテントのような形での利用もできます。

・開くパネルは全てメッシュが付いているので、風通しも良い。

・150Dの厚めの生地で、女性にも嬉しいUVカット(UPF50+)加工。

・もちろん、テント下部にはスカートが付いているので、寒い季節も大丈夫!

・大型のテントなのに収納もコンパクト

 

・ちょっと残念なのは、キャノピー用のポールは別売りなところと、インナーのテントが付属していないところ。

 

キャノピー用のポールとインナーのテントが付属していないところ以外は、文句のつけどころがない「ロクロクベース」です。

 

ちなみに、インナーのテントにはDODから発売されている「カンガルーテント」を使うとスッキリします。

DOD「ロクロクベース」の設営方法

こんなに大きいテントですが、設営動画を見ての通り簡単に設営できます。

 

設営手順は、下記の通りです。

  1. キャリーバッグから本体を取り出し地面に広げる。
  2. 4辺のループをペグに固定します。ループは調節できるよう大きめに広げておく。
  3. ロープ用ループにロープを取り付ける。
  4. ポールを組み立てる。
  5. ポールをテント内から立てる。
  6. ペグでストームロープや本体を固定し、補強・張りの調整を行い完成。

以上、一人でも簡単にできそうです。

 

DOD「ロクロクベース」の魅力

車と一緒に区画サイトに収まる絶妙なサイズ

テント4辺のロープで固定されるため、ガイロープを遠くに引っ張って固定しなくていいので、10m×10mの区画サイトに車と共に収めることができます。

 

開放感抜群!余裕のある快適空間

6m×6mの正方形の床面積。約21畳のサイズはまるで旅館の大部屋のようです。フルクローズしても、子供がテント内で走り回ることができるほどの余裕の広さ。

 

設営はペグを打ちポールを6本立てるだけ

四隅にペグを打ちポールを6本立てた後は補強のペグを打つだけで設営が完了します。

 

比較と考察

「ロクロクベース」と同じようなテントに、スノーピークの「ランドベース6」があります。

また、似たようなテントには、小川の「ツインピルツフォーク」や、テンマクデザインの「サーカス720DX」があります。

それぞれ比較してみましょう。

 

【スノーピーク】ランドベースと比較

まずは、スノーピークの「ランドベース6」から見ていきましょう。

「ランドベース6」のサイズは8m×7mです。

こちらはタープを設営するような感じで設営するので、ガイロープを含めると10m区画では納まりきらない大きさになります。

 

また、お値段も「ロクロクベース」の倍の123,000円(税別:2019.1.23現在)となります。

フリーサイトを中心に利用されていて、とにかく大きいテントが良い方は、スノーピークの「ランドベース6」も候補になります。

 比較結果 

  • 居住空間 → ランドベース6
  • 設営面積 → ロクロクベース
  • 設営の手間 → ロクロクベースが有利
  • 値段 → ロクロクベース

居住性では「ランドベース6」ですが、かなり大きく設営するサイトを選ぶし、お値段も倍以上違うので、現実的には「ロクロクベース」の方が実用性はありそうです。

 

【ツインピルツフォークT/C】と【サーカス720DX】と比較

次に、小川の「ツインピルツフォークT/C」と、テンマクデザインの「サーカス720DX」と比べてみます。

関連記事

(出典:アマゾン) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   実は、昨年の5月に行ったグルキャン前に、購入する寸前までいったテントがあります。 設営が簡単でおしゃれに[…]

 

「ツインピルツフォークT/C」と「サーカス720DX」は、同じような形状になるので、まとめて比較します。

 

created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥104,500 (2020/08/11 03:25:20時点 Amazon調べ-詳細)

大きさで比較すると、「ツインピルツフォークT/C」630×355(cm)、「サーカス720DX」720×360(cm)ですので、「ロクロクベース」の方が奥行きが倍近く大きくなります。

 

また「ロクロクベース」は、斜面がサブポールによってより垂直に近く立ち上がりますので、デッドスペースも少なく広々とした空間が得られます。

 

値段も「ツインピルツフォークT/C」95,000円(税別)、「サーカス720DX」79,800円(税別)となり、「ロクロクベース」の6万円(税別)より高くなります。

※ツインピルツフォーク(ナイロンタイプ)は廃盤となり、2019.1.23 現在、在庫処分で「ロクロクベース」と同等の価格で売られています。

 比較結果 

  • 居住空間 → ロクロクベース
  • 設営面積 → 「ツインピルツフォークT/C」「サーカス720DX」
  • 値段 → ロクロクベース
  • 設営の手間 → ロクロクベースが有利

また、「ツインピルツフォークT/C」や「サーカス720DX」もいいテントですが、「ツインピルツフォークT/C」、「サーカス720DX」、「ロクロクベース」も、設営するサイトの大きさに差はないので、居住スペースで考えると「ロクロクベース」の圧勝です。

 

また、総じてお値段が「ロクロクベースの方が安い」ので、「ロクロクベース」は非常にコスパにも優れたテントだと言えます。

 

まとめ

「ロクロクベース」は、広くてリーズナブルで簡単設営の優れものです。

空間面積もとても大きく、メッシュも4面についていて、快適に過ごせるテント。

 

非常にコスパの良いテントですので、このデザインが好きな人は購入しても損はないと思います。

また、サイトでもあまりかぶることもないので、個性的なデザインが好きな人にもオススメです。

 

いかがでしたでしょうか。

「とにかく設営を楽にしたい。でも居住性も犠牲にしたくない」という方には最適なテントの1つです。

今年の夏は、フリーサイトで広々と「ロクロクベース」を設営してみませんか。

 

<今回ご紹介したアイテムはこちら>

以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!