主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

可愛い小屋みたい!NEUTRAL OUTDOOR (ニュートラルアウトドア)【LG テント 4.0】でおしゃれに楽しもう!

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。

 

NEUTRAL OUTDOOR (ニュートラルアウトドア)から、おしゃれテントの代名詞「ノルディスク」の『ユドゥン』にそっくりな「LG テント 4.0」が発売されました。

小屋のような形の「LG テント 4.0」は、とても印象的で可愛いだけでなく、非常に使い易い形をしたテントです。

「ノルディスク」の『ユドゥン』のように個性的で可愛いテント、「NEUTRAL OUTDOOR (ニュートラルアウトドア)」の『LG テント 4.0』をご紹介させていただきます。

 

NEUTRAL OUTDOOR (ニュートラルアウトドア)「LG テント 4.0」とは

2ポールのロッジ型テント。スペース効率が高く、トラディショナルな外観が安心感を与えます。前後フルオープン可能で全開口部にメッシュパネルを装備。通気性が高く夏場も快適です。オプションで専用インナーもあります。本体生地にポリエステルを採用し、濡れても乾きやすいイージーメンテナンスを実現。充分な生地厚さをもち雨天時も安心なグランドシートは脱着可能です。

 

スペック

サイズ 300×300×185・入り口175(cm)
本体生地 ポリエステル68Dリップストップ
PUコーティング耐水圧3000mm
UVカット加工
ボトム生地 ポリエチレン195g 防水シート
ポール アルミニウム(メインポール φ29mm/前室ポール φ22mm)
カラー アイボリー
重量 12kg
付属品 収納袋,ポール各種,ペグ17本
価格 58,000円(税別)

ナイロン素材です。

 

テントが優しい「アイボリー」なので、太陽の光により室内を明るくしてくれます。

「LG テント 4.0」は小屋の形をしており、天井の真ん中の高さは185cm、側面の立ち上がりも写真から想像すると70cm以上はありそうなので、室内空間は広く感じそうです。

 

また、床サイズが300×300(cm)の正方形をしています。

これは4畳半270×270(cm)よりも大きくて、さらに四角形はデッドスペースが少ないので有効空間も広がります。

 

床サイズがワンランク上のワンポールテント『アスガルド12.6』と比べても、中央部が端から端まで185cmをキープしている「LG テント 4.0」の方が、室内空間は使いやすいといえるでしょう。

 

テントの前後に入り口があり、どちらからもアクセスできるので、非常に使いやすいといえます。

前後の入り口は全開にすることができ、側面にも小窓が用意されているので、非常に風通しがよく快適に過ごすことができそうです。

 

前後の入り口にはメッシュが付いています。

メッシュは外側に付いているので、暑ければ室内から窓を開けること(メインジッパーを下げる)ができます。

 

これはちょっとしたことですが、嬉しいです。

窓を開けるたびに外に出るのはめんどくさいし、出入りするたびに虫も入ってくる可能性があるので、メッシュが外側にあることは大賛成です。

 

この写真は同社のワンポールテント『GE』のものですが、同じように床を外して使うこともできます。

「LG テント 4.0」の床は、バケツや灯油缶に使われている同素材のポリエチレンのシートを使っているので、非常に耐久性と耐候性に優れています。

 

ホームページ上にも、グランドシート(ブルーシート)を敷かなくても十分な耐久性があることが記載されていますので、とても安心できます。

基本的にはテントを汚したくないのでグランドシートを敷くと思いますが、突然のゲリラ豪雨が来てサイトが水浸しになっても、耐水性も高いので安心ですね。

 

オプション『インナーテント』

LGテント4.0の内部に取り付けできるインナールームです。テント内を区切って寝室にしたり、夏場にテントを解放して蚊帳として利用したり、活用の幅が拡がります。
使用人数:1~2人用

オプションでインナーテントがあります。

2人用なので、父子キャン、母子キャンの時にはいいですね。

このインナーテントを使えば、約3畳180×300(cm)のリビングができますので、ちょっとしたお籠(こも)りキャンプもできそうです。

考察

メリット

メリット
  • キャンプ場で被らない
  • 室内空間を有効に使える
  • ナイロンなので手入れがラク
  • 入り口が175cmあるので、出入りがラク
  • 入り口が前後にあるので、アクセスが良い
  • 入り口を全開にでき、側面にも小窓があるので風通しが良い

 

デメリット

デメリット
  • 一人設営が大変そう
  • ナイロンなので結露しそう

 

考察

メリット・デメリットに特徴が集約されているので、ここでは気になったことを挙げてみます。

 

「LG テント 4.0」は、あの室内空間が広いと評判の「コールマン タフワイドドーム300」と同等サイズです。

● 【送料無料】 COLEMAN (コールマン) キャンプ用品 ファミリーテント キャンプ用品 テント タフワイドドーム IV 2000017860

「コールマン タフワイドドーム4 300」はドーム型で、「LG テント 4.0」は小屋型になります。

「LG テント 4.0」は小屋型なので、側面にいくほど高さは低くなりますが、側面の立ち上がりもありますので、室内空間の広さは「コールマン タフワイドドーム300」と比べても大きく劣ることはないと思います。

 

今流行のTC(ポリコットン)生地ではないので、そこは評価の分かれるところです。

関連記事

(出典:アマゾン) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   実は、昨年の5月に行ったグルキャン前に、購入する寸前までいったテントがあります。 設営が簡単でおしゃれに[…]

TC生地なら「結露」の心配はあまりなく「火の粉」にも強いのですが、その分「重く」「手入れが必要」になります。

ナイロンなら、TC生地に比べて「軽く」「手入れがラク」になりますが、「火の粉」に弱く「結露」しやすいです。

雨などを気にせずにガンガン使えるのが「ナイロン」なので、気軽に使える分、精神的ストレスはなさそうです。

 

「LG テント 4.0」は、テントの構造上、入り口の中央にポールがあって一見邪魔のように見えます。

しかし、入り口の高さが175cmあるので、そこまで気になるほどではないこと。

また、ポールがあることによって、出入りの時に手すりのように使えるので、逆にメリットになる可能性があります。

 

やはり一番気になるのは、「一人設営」です。

取扱説明書を見る限り、「一人設営」は難易度が高いと感じます。

設営の仕方は、テントのボトムをペグで固定してから、屋根用ポールに入り口の2本のポールをさして、同時に2本のポールを立ち上げるようになっています。

 

これですと、ポールを片側ずつ立ち上げると、屋根用ポールを曲げてしまう危険性があります。

想像ですが「一人設営」するときは、屋根用ポールを分割した状態で支えながら入り口ポールに接続して立ち上げて、屋根用ポールを組み立てながら、もう一本の入り口ポールと接続するなどの工夫が必要になりそうです。

 

基本的に2人で設営した方が簡単で、ポールを変形させてしまうリスクが少ないので、「一人設営」はしない方が良さそうです。

 

まとめ

「LG テント 4.0」は、見た目も個性的で実用性が高いので、こんな人にオススメです。

  • 「LG テント 4.0」は、TC(ポリコットン)生地に興味があるけど、手入れなどが面倒くさい人。
  • 人と違ったテントで、おしゃれに個性を出したい人。
  • 天候を気にせずにキャンプを楽しみたい人

 

しかも、あのおしゃれテントの代名詞である「ノルディスク」から発売されている『ユドゥン』とそっくりな、可愛い小屋型テント。

【国内正規品】ノルディスク NORDISK テント Ydun 5.5 JP(ユドゥン 5.5)[142022][242022]【送料無料/代引き無料】(ノルディスク テント 4人用 アウトドア用品 キャンプ用品 キャンプ テント アウトドア特集 おしゃれ 【SUMMER_D1

ただでさえ個性的で可愛いこのテントをデコレーションすれば、一躍サイトの注目を集めること間違いなしです。

 

いかがでしたでしょうか。

今年は「NEUTRAL OUTDOOR (ニュートラルアウトドア)」の『LG テント 4.0』で、サイトの注目を集めてみてはいかがですか。

 

<今回ご紹介した商品>

<おすすめの関連記事>

関連記事

(全ての出典画像:アマゾン) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   「おしゃれなベルテントでグランピングしてみたい!」って思ったことありませんか? グランピングの[…]

全ての出典画像は「ニュートラルアウトドア」さんからお借りしました。

以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!