最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

【アレンジ】ニトリのウォールポケットをキッチンロールケースへDIY

早速、ニトリの「ウォールポケット」を「キッチンロールケース」へと『アレンジ』してみたむひろです。

 

先日ご紹介した「ダイスのキッチンロールケース」が欲しかったのですが、少々お値段が高い。

関連記事

(出典:STANDARD point) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   キッチンツールの収納って、どうされています? むひろ家では、細長い巾着袋にまとめて入れて[…]

 

調べてみると、100均一のランチョンマットを使って「DIY」している人もいたので、自分も作ってみようかと思いましたが、ミシンがない。

手縫いでも作れそうだったので、のんびりと時間をかけて作っていこうかなと思っていた矢先に、ニトリで「ウォールポケット」を発見。

関連記事

ニトリには、キャンプで使えそうなものが多く、ワクワクしながら店内をうろついていたむひろです。   ニトリは、キャンプアイテムの宝庫ですね。 店内のアイテムを見て、「これ使える」「これもおしゃれ」なんて考え[…]

 

これ「キッチンロールケース」になるかもと思い、つい衝動買いしてしまいました。

もしダメなら、自宅でその名の通り「ウォールポケット」として利用すればいいし、無駄にならないかな?

 

基本面倒くさがりなので、縫ったりせずに簡単に「キッチンロールケース」に『アレンジ』してみましたので、興味のある方は御覧ください。

 

キッチンロールケースへの道

材料

ニトリの「ウォールポケット」1876円。

カラーは濃いオリーブ色もありました。

 

100均一で購入した「椅子の脚カバー」「ミニ突っ張り棒」「安全ピン」です。

 

上記のものにプラスして、自宅にあった「綿紐」「収束テープ」「輪ゴム2個」「リボン」を使いました。

 

材料費全部で2,314円。

さて、アレンジしていきましょう!

 

 アレンジ手順 

  1. 椅子の脚カバーの取り付け
  2. 吊るし棒の作成
  3. 完成

①椅子の脚カバーの取り付け

右下のポケット内部に「椅子の脚カバー」の取り付けをしていきます。

「椅子の脚カバー」の取り付けをしないと、スプーンやフォークが隠れてしまって取り出しにくいためです。

こんな感じで、ほとんど全部入ってしまいます。

 

もう少し取り出しやすくするようにアレンジしていきます。

まず、ポケットを裏返しにします。

 

「椅子の脚カバー」の位置を決めたら、背面の布に安全ピンで留めます。

「椅子の脚カバー」が3個でちょうど良かったので、3個取り付けました。

 

ちなみに安全ピンは、1つの「椅子の脚カバー」に対して1個しかつけていません。

 

②吊るし棒の作成

両側にS字フックを使って掛けらる場所は限られます。

このニトリの「ウォールポケット」は、ハンガーに取り付けて吊るすこともできますが、見た目がイマイチなので、フック一つで掛けらるように、吊るし棒を作成します。

 

紐を巻いた時の滑り止めに「ミニ突っ張り棒」の両側に輪ゴムを取り付けます。

画像では、2つの輪ゴムを使って巻きつけてありますが、これですと厚みが出てしまいましたので、この後輪ゴム1つに変更して巻きつけました。

 

次に「ミニ突っ張り棒」を「ウォールポケット」の長さに調節します。

これは、「ミニ突っ張り棒」は回転させて調節するタイプなので、先に紐を取り付けてしまうと、「ミニ突っ張り棒」を伸ばすときに、紐が巻きついてしまうのを防ぐためです。

 

両端に紐を3週くらい巻いて縛ります。

 

紐の長さはお好みで。

紐の長さが完全に決まっていれば、結び目をボンドで固めると紐が緩むことがありません。

 

収納するとこんな感じで、紐が巻き付きます。

 

③完成かな?

とりあえず、「吊り棒」をしないでかけてみました。

どうでしょう。

まぁまぁいい感じになったかな。

 

でも、ちょっと「スプーン」と「フォーク」が前かがみになって雑然としてので、ちょっと手直し。

もう一度ポケットを裏返して、『リボン』を「椅子の脚カバー」の上にピンと張った状態で、安全ピンでくっつけていきます。

 

元に戻して、「スプーン」や「フォーク」を入れてみます。

うん、いけるかな。

 

さあ、掛けてみます。

どうでしょう。

 

先ほどの「リボン」加工をしていないものと比べてみると

ビフォー
アフター

「スプーン」と「ナイフ」も綺麗に立って収納されています。

これなら、結構いい感じですね。

 

ちなみに、安全ピンを刺した後ろ側はこんな感じ。

ちょっと安全ピンが気になりますが、まぁ、よしとします。

 

収納方法

 

 収納手順 

  1. カトラリーをある程度中央に集める
  2. 上部の布を折ってかぶせる
  3. 少し巻くように半分に折る
  4. 収束テープで巻く
  5. 飛び出た端は内側に入れる
  6. 完成

①カトラリーをある程度中央に集める

まず「突っ張り棒」を縮めてポケットに入れ、カトラリーをある程度中央に集めます。

 

上部の布を折ってかぶせる

上部の布を内側に折り曲げます。

 

③少し巻くように半分に折る

少し巻くように二つに折ります。

 

④収束テープで巻く

収納テープで固定します。

 

⑤飛び出た端は内側に入れる

余った裾の部分は、内側に入れ込みます

 

⑥完成

すっきり収納できました。

あとはこのままコンテナボックスへ入れて、収納完了。

 

まとめ

三段ラックに吊るしてみました。

自己満足ですが、なかなかいい感じです。

 

いかがでしたでしょうか。

縫うのが面倒臭かったので、安全ピンで留めるだけの横着アレンジ。

 

「スプーン」や「フォーク」のかさ上げに使用した「椅子の脚カバー」は、伸縮しない素材の方が良さそうです。

「椅子の脚カバー」を使う際は、包装紙の「リボン」や布の切れ端などを使って入り口上部を固定すると、綺麗に収納することができます。

 

ミシンのある人や、裁縫の得意な人は、ぜひDIYにチャレンジしてみることをお勧めします。

自己満足ですが、出来上がった時の達成感と爽快感はたまりませんよ。

 

<おすすめの関連記事>

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   テントのフロントパネル(キャノピー・ひさし)を、きれいに丸めるのに苦労していませんか? 適当にクルクル巻くと、横からデローンっ[…]

関連記事

「リビングシェル」とタープ「エルフィールドシールドヘキサPro(廃盤)」を連結して、自己満足しているむひろです。   リビングシェルに連結できるタープといえば、「コネクトタープヘキサグレー」ですが、少々難点があ[…]

以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!