主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

【イージーキャビネット】スノーラインの自立する乾燥ネット

「イージーキャビネット」は韓国のメーカー「スノーライン」がリリースするありそうでなかった自立する乾燥ネット。

 

洗った皿や鍋を乾かす場所に困ったことありませんか?

 

わたしが昔使っていたのが、100均一やホームセンターで売っている青い乾燥ネット。

 

でもこの乾燥ネット、タープのポールにひっかけて使っていたのですが見た目が青くてとにかくダサい。

 

現在は「ワイヤーバスケット」に入れて炊事場への持ち運びを兼ねてそのまま乾燥させています。

関連記事

洗った食器の置き場所って困っていませんか?   洗った食器の置き場所もそうですが、洗い場に持って行く時も大変ですよね。 お皿にコップ、スプーンにフォークにトングなど、両手じゃ足りなくらい。 &nbs[…]

 

でもやっぱり乾燥ネットに比べると乾きも遅く「フィールドラック」の上に置いて乾燥させるのでテーブルが一台潰れてしまう。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   前回、キャンピングムーンの「気になるテーブル2種」でご紹介させていただいた『フィールドラック 竹製天板フルセット』を購入したので、レ[…]

 

やはり乾燥させる時は独立して乾燥させることができるものが良い。

 

そこでスノーラインからリリースされた「イージーキャビネット」が自立もするしとてもいい感じ。

 

ポールにひっかけて吊るすとダサいが、自立して地面に置くことができれば見た目もスッキリ。

 

それでは早速自立する乾燥ネット「イージーキャビネット」のご紹介です。

イージーキャビネット

サイズ 使用時/38.5(W)×38.5(D)×85(H)cm
重量 720g
材質 本体/ポリメッシュ、ポール/グラスファイバー
付属品 収納ケース
created by Rinker
スノーライン(snowline)
¥5,830 (2020/08/10 14:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

 特徴 

  • 自立式
  • 軽量&コンパクト

自立式

なんといっても一番の特徴は自立式ということ。

 

コールマンなどから青じゃない吊り下げ式の乾燥ネットも販売されています。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥1,442 (2020/08/10 14:51:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

青じゃないだけで見た目の悪さがだいぶが違いますが、個人的に目線の位置にネットに入った皿や鍋が風に吹かれてプランプランしているのは気になるし見苦しい。

 

その点「イージーキャビネット」は4本のグラスファイバーが柱となり、地面に直置きできる。

 

もちろん吊り下げることもできるが、空間はスッキリさせたほうが開放感もあって気持ち良い。

 

ちなみにグラスファイバーの脚はショックコードでつながっているので女性でも組み立は簡単。

似たような用途で使えるものでテーブルにもなるタイプもあります。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   キャンプをしている時のテーブルの上って、ゴチャゴチャしてませんか? 我が家も、子供の飲みかけのコップや皿、水筒、調味料、帽子、[…]

ただし、こちらは重くなるので注意してください。

 

軽量&コンパクト

重さは720gで500mLのペットボトルよりちょっと重いくらい。

 

使わないときはグラスファイバーの足を分解してぺっちゃんこになるので、持ち運びも収納も楽々。

 

重たいとそれだけで持っていくのが嫌になりますが「イージーキャビネット」なら手軽に持ち運びできるので使い勝手が良いですね。

 

まとめ

 特徴 

  • 自立式
  • 軽量&コンパクト

「イージーキャビネット」は韓国のメーカー「スノーライン」がリリースするありそうでなかった自立する乾燥ネット。

 

「イージーキャビネット」があればプランプランしたあの目障りな皿や鍋たちとバイバイできる。

 

あのプランプランした乾燥ネットが気になっている人は「イージーキャビネット」はいかが?

 

スッキリとした青空を何物にも邪魔されずに心ゆくまで堪能できますよ。

 

<今回ご紹介したアイテム>

出典画像は「アマゾン」さんからお借りしました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!