最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

【Home & Camp バーナー】スノーピーク カセットコンロの注意点はなに?

スノーピークの「Home & Camp バーナー」が欲しいむひろです。

 

いよいよ発売されましたスノーピークの「Home & Camp バーナー」。

 

革新的な機能性とスタイリッシュな外観から、発売が延期され今か今かと待ちわびていた人も多いと思います。

 

発売された「Home & Camp バーナー」は噂に違わずスタイリッシュで、非常に所有欲を満たしてくれるものになっているようです。

 

ただし少々気になる点もあるようなので調べてみました。

 

注意点だけが知りたい人は目次から「注意点」へどうぞ。

 

まずはおしゃれでスタイリッシュな「Home & Camp バーナー」のご紹介からです。

 

これから「Home & Camp バーナー」を購入予定の人は是非参考にしてみてくださいね。

Home & Camp バーナー

五徳をコンパクトに収納できる構造をもった、卓上ガスコンロ。
すっきりと美しいフォルムで、キッチンやダイニングに置いても、インテリアに馴染みます。格納していたパーツを広げると五徳が出現。安定感があるので、大きめの鍋を置いても安心です。持ち運びしやすい形状で、お家での普段使いに、アウトドアにと、場所を問わずに大活躍してくれます。

(引用:スノーピーク)

サイズ 301×346×120mm
収納サイズ 90×120×255mm
重量 1.4kg
最大火力 2,100kcal/h
セット内容 本体、取扱説明書
仕様 ● 材質:ステンレス、スチール、アルミニウム合金、ブラス、樹脂、ゴム
● 対応鍋径:最小Φ14cm~最大Φ30cm/ダッチオーブン使用不可
● 専用容器(ボンベ):GPC-250CB
● 連続燃焼時間:約110分
● 出力(ガス消費量):2.4kw(2100kcal/h 178g/h)〈気温20〜25℃〉
カラー ブラック、カーキ、シルバー
価格 9,980円(税別)

 

特徴

 特徴 

  1. 燃料はCB缶
  2. 収納がコンパクト
  3. ゴトクが大きい
  4. 操作しやすい火力調整つまみ
  5. 革新的なフォルム

①燃料はCB缶

「Home & Camp バーナー」の燃料はCB缶(カセットガス)。

 

CB缶はコンビニや100均一でも売っているので入手しやすく手軽に使えます。

 

②収納がコンパクト

これが最大の魅力!

 

通常CB缶をセットする場所に本体を「クルッ」と270°回転させて収めてしまいます。

 

セット手順

 セット手順 

  1. 蓋を開く
  2. ゴトクを引っ張り出す
  3. 蓋側から時計回りに本体を270°回転
  4. ゴトクを開いてセット完了

①蓋を開く

 

②ゴトクを引っ張り出す

 

③蓋側から時計回りに本体を270°回転

 

④ゴトクを開いてセット完了

 

③ゴトクが大きい

ゴトクが大きく重心が低いので、大きめの鍋でも安心して載せることができます。

 

ただし、容器カバー(CB缶が収納してあるところ)を覆うような大きい鍋の使用は不可です。

 

④操作しやすい火力調整つまみ

火力調整つまみが大きくて操作しやすくなっています。

 

点火方法は、火力調整つまみを左側に最大まで回すと「カチッ」と音がして点火します。

 

⑤革新的なフォルム

収納時の見た目だけではなく、使用時の無駄を省いた美しいフォルムも非常に魅力的。

 

使ってよし、収納してよしの美しいデザインが所有欲をそそります。

 

注意点

スタイリッシュで使っている時も収納している時も非常に美しいデザインの「Home & Camp バーナー」。

 

ただし気をつけなければいけない点もあります。

 注意点 

  1. 火力が2,100kcal/h
  2. 炎口面積が小さい
  3. 使用時のサイズが大きい
  4. ダッチオーブン不可

①火力が2,100kcal/h

一番気になるのが火力が2,100kcal/hしかないこと。

 

わたしがメインで使用している「マーベラス」は3,000kcal/h、「SOTO ST-310」は2,500kcal/h。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   アウトドアで憧れのカセットコンロといえば、イワタニの「マーベラス」ですよね。 あのキャンプ心をくすぐられるおしゃれなデザインが[…]

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   料理をしていると「あと一つコンロがあると便利なのに」と思うことありませんか? むひろはママがキャンプの御飯を作っているときに、[…]

 

「マーベラス」の火力に不満はありませんし、「SOTO ST-310」の火力は2,500kcal/hですが、意外と数値以上の火力を感じます。

 

ただし、「ビストロの達人Ⅱ」の2,000kcal/hの火力には不満がありました

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   以前は使用していたけど、不満があって買い換えたギアをご紹介するシリーズ第一弾。 記念すべき?第一弾は、イワタニの「ビストロの達[…]

 

「Home & Camp バーナー」は炎口がすり鉢状になっているので、多少は風に強いかもしれませんがこの点が非常に気になります。

 

「ビストロの達人Ⅱ」は風のない屋内での利用でしたら大丈夫だったのですが、屋外ではそよ風程度で使えなくなるほどの火力

 

「Home & Camp バーナー」は炎口を集中させているので「ビストロの達人Ⅱ」ほど風に弱いことはないでしょうが、絶対的な火力が低いのでここは注意点。

 

②炎口面積が小さい

低火力で熱量を上げるためには炎口を集めて面積を小さくするのが効率的。

 

しかし使用上のデメリットして、鍋底の一点に炎が集中するのでそこだけが焦げやすくなります。

 

また薄いアルミニウムの鍋などを長時間熱していると溶けて穴が空いてしまうことも炎口面積の小さい「SOTO ST-310」でありました。

 

鍋に液体が入っていればそこまで神経質にならなくても大丈夫ですが、炎口が集中しているとそのような危険性があることに注意が必要です。

 

③使用時のサイズが大きい

「マーベラス」と比べて、使用時のサイズが大きくなります。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   アウトドアで憧れのカセットコンロといえば、イワタニの「マーベラス」ですよね。 あのキャンプ心をくすぐられるおしゃれなデザインが[…]

 

紫の線が「マーベラス」の大きさ。

「マーベラス」はカセットコンロの中では特にコンパクトというわけではなく標準的な大きさ。

 

展開した時のゴトクの片側部分が大きくはみ出る形になります。

 

小さいテーブルでの使用が大変になるので、この点も注意が必要。

 

④ダッチオーブン不可

これにはがっかりした人も多いのではないでしょうか。

 

取扱説明書では「ダッチオーブンなどの鋳鉄製品やセラミック付き焼き網、石板、陶板、セラミックを使用した焼肉器、貝殻、燻製器など輻射熱の強い調理器具等は絶対に使用しないでください」と記載されています。

 

鋳鉄製品というとスキレットも不可ということ。

 

「Home & Camp バーナー」の取扱説明書を見ていると、「加熱によるボンベの膨張の危険性」について詳しく書かれています。

 

単純に安全性に配慮してのことなのか、それとも他のメーカーより「熱」が伝わりやすいのか判断がしかねるところです。

 

ただ言えることは、メーカーで推奨されていない「30cm以上の鍋」「ダッチオーブン」「風防で囲む」ことはやめた方が良さそうです。

 

まとめ

 特徴 

  1. 燃料はCB缶
  2. 収納がコンパクト
  3. ゴトクが大きい
  4. 操作しやすい火力調整つまみ
  5. 革新的なフォルム
 注意点 

  1. 火力が2,100kcal/h
  2. 炎口面積が小さい
  3. 使用時のサイズが大きい
  4. ダッチオーブン不可

スノーピークの「Home & Camp バーナー」はとてもスタイリッシュで機能的なカセットコンロ。

 

変形展開するギミックでハート射ぬかれる人も多いのではないでしょうか。

 

個人的には大好物の変形ギミックに、スタイリッシュなデザインと見た目に文句は全くありません。

 

ただし火力が2,1000kcal/hとやや心もとないのが気になるところ。

 

しばらくユーザーの方々の反応を見て、火力に満足しているようなら購入する予定です。

 

と言いながらも、酔った勢いで「ポチッ」としそうな可能性が「大」ですが(笑)

 

ちなみに「Home & Camp バーナー」は、1.5Lのペットボトルカバーがピッタリと入るようです。

 

それでは、これから「Home & Camp バーナー」を購入予定の人は是非参考にしてみてください。

 

<今回ご覧いただいた商品>

画像は「スノーピーク」さんからお借りしました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!