主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

ガストーチバーナーはキャンプにあると便利!使用方法とおすすめ

(出典:スノーピーク)

キャンプで「ガストーチバーナー」を必ず使っているむひろです。

 

「ガストーチバーナー」をみなさんご存知だと思いますが、「実際使ってみてどうなんだろう?」と、その使用感や利便性が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

今回はあると便利な「ガストーチバーナー」について、使い方や利便性をご紹介させていただきます。

ガストーチバーナーとは

(出典:スノーピーク)

ガストーチバーナーとは、可燃性ガスであるブタンやプロパンを使用して、ノズルの先端から非常に高温の炎を放出する道具です。

キャンプなどで使用するアウトドア用やキッチン用ガストーチは、1,000℃〜1,500℃前後の温度の炎を放出します。

 

ガストーチバーナーは、点火と消火がライター感覚で簡単に操作でき、空気の量を調節することが可能なので、様々な温度の炎をつくりだすことができます。

キャンプやバーベキューなどのアウトドアでは、炭や薪に火をつけるときの火起こしや、食材を炙る調理バーナーとしても使えます。

 

また風が強いときにも使えるので、非常に人気があります。

 

ガストーチバーナーの種類

ガストーチバーナーは、使用するガスと構造の違いで大きく

  • 【カセットガス式(CB缶)】
  • 【アウトドアガス式(OD缶)】
  • 【充てん式】

の、3種類のタイプに分けられます。

※「アウトドアガス(OD缶)」とは、アウトドアショップやホームセンターのアウトドアコーナーで見かける、半円形のガス缶のことです。

 

【カセットガス式(CB缶)】

(出典:アマゾン)

コンビニでも売っているカセットガスを利用したガストーチバーナーです。

 

 メリット 

・燃料を手軽に調達できる

・コストパフォーマンスが良い

・取り付けはワンタッチ

・着火もライター感覚でワンタッチ

 デメリット 

・OD缶と比べて出力が低い

・OD缶と比べて寒さに弱い

むひろが持っているのはこのタイプ。

OD缶に比べて火力が弱いので、炭の火起こしに多少時間がかかります。(レギュラーガス使用時)

また、気温が低くなると火力が弱まります。

 

ただし、プレミアムガスカートリッジを使用することによって出力を上げることができますが、その分コストがかかり、OD缶との優位性がなくなります。

 

【アウトドアガス式(OD缶)

アウトドアショップやホームセンターのアウトドアコーナーで売っている、ねじ込み式のガス缶を利用したガストーチバーナーです。

 

 メリット 

・火力が強い

・逆さまにしても使えるものが多い

・カセットガス缶式に比べて寒さに強い

 デメリット 

・カセットガス比べて値段が高い

・購入できるところが限られている

・着火にはマッチやライターが必要なものが多い

カセットガス式と比べて、火力が倍以上あるものもあり、炭の火起こしなどが短時間でできます。

ただし、カセットガスに比べれば寒さに強いですが、10℃を下回るところでは使えません。

 

こちらもプレミアムガスを使用すれば、0℃位でも使用できるものもあります。

 

【充てん式】

ガストーチ本体にガスを注入て利用するタイプです。

 

 メリット 

・注入するガスはカセットガス式が多いので入手が容易

・ガス缶を持ち運ばなくていい

・着火もライター感覚でワンタッチ

・百円ライターの1.5倍ほどの大きさなので、携帯性に優れる

 

 デメリット 

・容量が小さいので使用時間が短い

・火力が弱い

携帯性に優れているので、ライター代わりに登山に持って行くのもオススメです。

ただし、アウトドアで主役として利用するには火力が弱く、炭の火起こしなどには向いていません。

 

ガストーチバーナーの使い方

(出典:SOTO新富士バーナー株式会社)

ガストーチバーナーは、ガス缶を本体と接続して調節ねじを開いてから、ガスを出して着火します。

着火は動画のように、スイッチを押すだけで着火できるものもあります。

 

また、逆さまにして使用すると、動画のように炎が大きくなる「生火」が出るものも多いので注意してください。

消火は調整ねじを閉めるだけでOKです。

 

利用方法

着火マンと同じような用途で使えて、なおかつ使い勝手は良いです。

【着火マン以外の利用方法】

  • 炭や薪への直接着火
  • 食材の炙り焼き
  • 強風下での使用
  • 雑草を焼く
  • 板に焼き色をつけてDIYする
  • 曲がったスチールペグをバーナーで温めて叩いて直す

などがあります。

唯一着火マンに劣る部分は、ロウソクに火をつけるときです。

小さいロウソクでは、熱で半分くらい溶けてなくなります(つД`)ノ

 

他にも、バーベキューの後の油でギットギトになった網を、ガストーチバーナーを使って焼き切ったりすることもできます。

むひろは、この「焼き切る」という行為が楽しく、時間があるときは一人で「炎なだけに」ボーッと焼き切ったりしています。

 

ガストーチバーナーの比較とオススメ

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

発熱量 1,550kcal/h
火炎温度 900℃~1300℃
サイズ 幅3.4×奥行12.2×高さ6.6cm
重量 153g
使用燃料 カセットガス(CB缶)

むひろが持っているのはこれ。

カセットガス式でありながら、点火直後に逆さまにして利用可能。

空気調整機能付で、1300℃の強力集中炎から900℃のソフトな炎まで用途に応じて調整可能。

 

あぶり料理や炭の火起しにと幅広い用途で使えるので、非常に便利なバーナーです。

 

別に新富士製の物があります。

SOTO製と中身は同じで、色が違うだけです。好みでどうぞ。

 

Iwatani カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

発熱量 1,600kcal/h
火炎温度 約1400℃
サイズ 高さ(mm):250 奥行(mm):71
重量 約170g
使用燃料 カセットガス(CB缶)

イワタニのガストーチバーナー。

ピストルのようにトリガーを引くだけで一発点火できるので便利です。

 

スノーピーク(snow peak) フォールディングトーチ GT-110R

発熱量 3,500kcal/h
火炎温度  ー
サイズ 185×39×140mm
重量 175g
使用燃料 カセットガス、アウトドアガス

アダプターにより、カセットガス(CB缶)、アウトドアガス(OD缶)どちらでも使うことができます。

ハイパワーで、火つけが難しい備長炭にも楽に着火できます。

 

Coleman コールマントーチ 170-8075

発熱量 1,200kcal/h
火炎温度 約1,500℃
サイズ 約7×4.5×18cm
重量 約210g
使用燃料 アウトドアガス(OD缶)

コールマンからも出ています。

こちらは、OD缶ながら出力は控えめ。

 

SOTO スライドガストーチバーナー ST-480

発熱量  ー
火炎温度 1,300℃
サイズ 幅35×奥行18×高さ110~185mm
重量 55g
使用燃料 カセットガス、ライター用ガス

充てん式のガストーチバーナーです。

これもむひろは持っています。

 

カセットガスやライター用ガスからも充てんできるので、非常に使い勝手がいいです。

火口が自在にのびて風にも強いので、ライターでは着火しにくい場所もお手のもの。

 

ただし、連続使用1分以内という制約がありますので、長時間の使用には注意してください。

 

プリンス ポケットバーナー PB-V3 ベロア

発熱量  ー
火炎温度 1,300℃
サイズ H84.8×W43.7×ボディ径Φ16
重量 57.9g
使用燃料 カセットガス

充てん式のカストーチバーナーです。

逆さまにしても使えます。

 

ソト(SOTO) 使い捨てライター ポケトーチ

発熱量  ー
火炎温度 1,300℃
サイズ 長さ60×幅23×高さ110mm
重量 50g
使用燃料 100均ライター

100均の使い捨てライターを利用したガストーチです。

100均のライターながら1,300℃の炎を出せるパワーがあります。

 

ただし、型に合うライターの種類があるので、ライター購入の際は注意してください。

 

まとめ

(出典:Iwatani)

今回紹介したガストーチバーナーは非常に使い勝手が良く、キャンプやバーベキューで大活躍します。

ライターを忘れることがあっても、このガストーチバーナーは車に入れっぱなしにできるので、忘れることはほとんどありません。

 

「あ、ライター忘れた!」という、不測の事態の保険にもなりますね。

 

今回ご紹介した、SOTO製の「フィールドチャッカー ST-Y450」と「スライドガストーチバーナー ST-480」の二つを、むひろは所有しています。

 

使用頻度でいえば、火気が必要ないろいろな場面で「フィールドチャッカー ST-Y450」は毎回使っています。

コンパクトな「スライドガストーチバーナー ST-480」の出番の方が意外と少ないです。

 

いかかでしたでしょうか。

なくても困りませんが、あると非常に便利なガストーチバーナーはとてもオススメですので、気になる方は是非参考にしてみてください。

 

<今回ご紹介したアイテム>

<おすすめの関連記事>

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   「キャンパーへの軌跡シリーズ第3話」 前回のお話はこちらから。 [sitecard subtitle=関連記事 url=[…]

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   料理をしていると「あと一つコンロがあると便利なのに」と思うことありませんか? むひろはママがキャンプの御飯を作っているときに、[…]

関連記事

(出典:SOTO) SOTOの人気のシングルバーナー「ST-301」と「ST-310」の2つとも持っているむひろです。   荷物が増えてくると持っていくものが多くて積載が大変ですよね。 テトリスのように[…]

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   アウトドアで憧れのカセットコンロといえば、イワタニの「マーベラス」ですよね。 あのキャンプ心をくすぐられるおしゃれなデザインが[…]

以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!