最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

【fan5(ファン5)DXのレビュー】メチャお勧めの鍋セット!収納の仕方も載ってるよ

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。

 

アウトドアで使うキッチンウェアの「鍋」は、みなさん何をお使いですか?

初めのうちは家にある鍋を持っていくことが多いと思いますが、キャンプに行くにつれ、だんだんとアウトドア専用の鍋が欲しくなってきませんか?(←むひろだけ?)

 

むひろ家で使っているアウトドア鍋は、ユニフレームの「fan5DX」という「クッカーセット」です。

ネット上では、ユニフレームの「fan5DX」は評判も良く、非常に使いやすいとのこと。

 

それでは「fan5DX」を実際に使ってみて、どうなのかレビューさせていただきます。

 

ユニフレーム「fan5DX」とは

作った料理の数だけ、みんなの笑顔があります。 あらゆる調理シーンに対応するフルセットクッカーのロングセラーモデルです。

4~5人分の調理をまかなえるキャパシティ。一通りの調理を可能にするクッカーセットです。

(出典:ユニフレーム)

大鍋・小鍋・ライスクッカー・メッシュバスケット・フライパンの、5つの調理器具がコンパクトにまとまった便利なクッカーセットです。

 

「fan5DX」が1つあれば、調理で使う鍋類は全て揃うだけではなく、1つにまとまるので、持ち運びにも非常に便利です。

 

別売りの山ケトルを購入すれば、ケトル(ヤカン)も鍋の中にスタッキング(収納)できるのも、嬉しいポイントです。

(出典:ユニフレーム)

 

「fan5DX」のスペック

本体サイズ
収納時:約φ230×195mm
ライスクッカーDX:約φ210×115mm
フライパン:約φ225×50mm
ステンレス大鍋:約φ230×145mm
ステンレス片手鍋:約φ170×90mm
メッシュバスケット:約φ210×110mm
材質
ライスクッカーDX:(本体)アルミニウムフッ素加工 (フタ)アルミニウム
フライパン:アルミニウムフッ素加工(板厚2mm)
ステンレス大鍋:ステンレス鋼
ステンレス片手鍋:ステンレス鋼
メッシュバスケット:ステンレス鋼
セット内容
・ライスクッカーDX
・フライパン
・ステンレス大鍋
・ステンレス片手鍋
・メッシュバスケット
重さ
総重量:約3kg
付属品 収納ケース

 

「fan5DX」の詳細

fan5シリーズには「fan5DX」と「fan5duo」の2種類があります。

「fan5DX」が4~5人用で、「fan5duo」が2~3人用となっています。

 

使用人数を見ると「fan5duo」の方がかなり小さくなるように感じますが、実際には鍋やフライパンが1〜2cm小さくなるだけで、家族4人でしたら使い勝手はほとんど変わりません

 

唯一大きく変わるのが「ライスクッカーの大きさ」です。

「fan5DX」のライスクッカーが5合炊きまでできるのに対して、「fan5duo」のライスクッカーは3合炊きまでです。

 

ご飯をそんなに食べないのなら、「fan5duo」の方が幾分コンパクトになりますし、値段も約3,000円ほど安くなりますのでお勧めです。

 

ライスクッカーDX

難しい火加減のタイミングを「カタカタ」とフタの動きが知らせ、誰でも上手にご飯が炊けるライスクッカーは、フッ素加工の2mm厚のアルミニウムで、こびりつかずお手入れも簡単。

(出典:ユニフレーム)

ライスクッカーの内側に、米と水の目盛りがあります。

 

また、ライスクッカーはまさに神アイテムです。本当に簡単に美味しくご飯が炊けるので、ライスクッカーを買うために、ついでに鍋セットを買ったと言っても過言ではありません。

関連記事

(出典:アマゾン) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   キャンプでご飯を炊くときって、何を使えばいいんだろうって思いますよね。 ほとんどの方は、小学生の頃、自然[…]

 

ステンレス大鍋

ハードな使用に耐える1mm厚のステンレス製の大鍋。約5.5Lの容量は、多量の種類の茹で上げも可能。

(出典:ユニフレーム)

カレーならルー1箱分は余裕で作れます。麺をゆがく水分量も申し分なく、ステンレスなので錆も気にせずにガンガン使えます。

 

また、翌朝にご飯を温めなおしたいときは、大鍋に水を少量入れ、そこにライスクッカーをイン!

(出典:ユニフレーム)

こうすれば、冷えたご飯もホカホカご飯に早変わり!

アウトドアでも、宵越しのご飯を温めなおすことができるのは、メッチャポイントが高いです。

 

ステンレス片手鍋

1mm厚のステンレスに丈夫な折り畳みハンドル。スープなどもたっぷり作れる約2Lの容量。

(出典:ユニフレーム)

スープやラーメンを作るのに絶妙なサイズ。夜ラーメンには欠かせません。

 

フライパン

拭き取るだけで、連続調理のできるフッ素加工のフライパンは、2mm厚のアルミニウム製で、抜群の熱伝導。大鍋のフタもピッタリ使え、デリケートな料理もOK。ハンドルの取付部もガッチリしたアルミダイキャスト製。

(出典:ユニフレーム)

大鍋の蓋をフライパンの蓋として利用できるので便利です。

また、フライパンの柄は取り外しができるので、コンパクトに収まります。

 

フライパンの焦付きが気になりますが、この焦付きは綺麗に落としました。

その時のブログ記事はこちらになりますので、気になる方は読んでみてください。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   久しぶりにユニフレーム「fan5DX」の鍋セットを見てみると、フライパンに焦げがついたままでした。 [sitecard sub[…]

 

メッシュバスケット

麺類の茹で上げや水切り、洗い物にも活躍し、大鍋とピッタリサイズのステンレス製メッシュバスケット。

(出典:ユニフレーム)

そうめんを茹でるのにも便利なメッシュバスケット。

 

この足がついているので、洗った物を入れておけば、そのまま水切りもできて便利です。

 

スタッキング(収納)の仕方

「fan5DX」を使っていると、鍋をどうやって元に戻すかわからなくなる時ってありませんか?

鍋を出す時に順序を覚えたつもりでも、次の日の片付ける頃にはすっかり忘れてパズル状態…

 

「fan5DX」に限らず、スタッキング(収納)できるアイテムではよく起こるあるあるですよね。

詳しく写真で見ていきます。

 

この鍋たちの蓋を取って、重ねていきます。

 

まず、大鍋 → メッシュバスケット → ライスクッカー → 小鍋 → フライパンの柄の順に入れていきます。

 

すると、このように収まります。次に、ライスクッカー蓋(裏返し) → 小鍋蓋(裏返し) → 大鍋蓋 の順にかぶせます。

 

すると、このように大鍋にすっきり収まります。最後にフライパンを裏返して上に載せます。

 

 

出来上がりです。

500mlのペットボトルと比べると、そのコンパクトさがお分かり頂けると思います。

 

メリット・デメリット

 メリット 

  • 5つのキッチンウェアが1つに収まるコンパクトさ。
  • その収まっている5つのキッチンウェアで、ほとんどの料理をまかなえる。
  • 付属のライスクッカーが素晴らしい神アイテム。
  • 鍋類はステンレス、フライパンとライスクッカーのアルミ製にはフッ素加工がしてあり、汚れが落としやすく手入れが簡単。
  • 作りがしっかりしている。
  • 自宅で使っても不自由ない大きさ。

 

 デメリット

  1. 黒いキャップが外しにくい
  2. フライパンの柄が取れやすい
  3. 値段

1. フライパンの黒いキャップが外しにくい。

この黒い部分です。外して使う時は、絵の後ろにつけて使っている人が多いと思います。

このようにキャップを後ろにつけると、キャップをなくす心配がないので良いのですが、このキャップが取りづらいのです。

かなりキャップが密着しているので、柄をまわしながら爪でちょっとずつ移動させないと取れません。

 

無くさないように奥までキャップを付けてしまうと、取るのが面倒になるので1cmほど入れて使っています。

1cmほどでもキャップが取れたことはないので、簡単に取れることはないと思います。

 

もしくは、キャップを付けないで他で保管しておく方が楽です。

 

 追記 

「と☆の」さんより、黒いキャップの底に針やアイスピックを使って穴を開けると、取り外ししやすくなるという情報をいただきました。
貴重な情報ありがとうございました。

 

2, フライパンの柄が取れやすい。

画像を見てもお分かりですが、この柄はフライパンにねじ込んで使います。

これをかなりきつめにねじ込んでおかないと、フライパンを持ち上げた時に中の食材の重みでフライパンが一回転して、食材が下に落ちることがあります。

 

特に焼きそばなどの重量のあるものは要注意です。

グルキャンで、お友達のママが使っている時にこのクルリンパが起きてしまい、焼きそばがオジャンになりました(ノω・、) ウゥ・・・

 

気をつけてはいたのですが、事前に確認しなかった私のミスです。

使っているうちに緩んでくるので、フライパンを使う前には一度締め直してから使うことをお勧めします。

 

3, 値段

仕方ない部分ですが、1万円以内に収まってくれると嬉しいです。

 

以上、この3点が気になる点です。

それ以外は素晴らしく使い勝手の良い鍋セットです。

 

まとめ

クッカーセットは、コールマンやスノーピークからも発売されています。

しかし、コールマンのクッカーコンボには小鍋がなく、スノーピークのフィールドクッカーproにはライスクッカーがありません。

 

全てが揃っているのは、ユニフレームの「fan5」シリーズだけです。

クッカーセットに関しては、ユニフレームの「fan5」シリーズが頭一つ抜きん出ていると言えるでしょう。

 

クッカーセットは、一度買えば長く使えますので、良いものを手に入れることをお勧めします。

むひろは「fan5DX」の前は、キャプテンスタッグの鍋セット+ライスクッカーミニを使っていました。

 

キャプテンスタッグの鍋セットは、ステンレス製なのに5,000円を切る安さでコスパ抜群でした。

しかも、ライスクッカーミニがシンデレラフィットし、鍋と一緒にスタッキングできる秀逸さ。

しかし、ステンレスのフライパンが使いにくくすぐ焦げ付くし、メッシュバスケットもないので「fan5DX」に買い換えました。

 

今思えば、キャプテンスタッグのフライパンだけフッ素加工して使ってみるのも良かったのかもしれません。

 

コスパの観点からみると、ユニフレームの「fan5DX」に関しては、2019.1.15現在14,900円(税込)で販売されていますが、オークションでも10,000円以上の値が付いています。

 

対してキャプテンスタッグの鍋はなかなか売れず、本当は取っておくつもりだったライスクッカーミニの抱き合わせでやっと売れたという感じでした。

 

この時、ライスクッカーミニのおまけ的な感じで売れたので、キャプテンスタッグの鍋代金の5,000円は、ほとんど回収できませんでした。

ユニフレームの「fan5DX」は、使わなくなったらオークションに流しても買い手がすぐ着き、簡単に売れると思います。

 

「fan5DX」でもキャプテンスタッグ+ライスクッカーミニでも、売る時には-5,000円と考えれば、最初に良いものを買って使って売った方が幸せです。

 

いかがでしたでしょうか。

アウトドアでの料理が楽しくなるユニフレームの「fan5DX」は、1つあれば十分のクッカーセットです。

 

非常に使い勝手が良いので、アウトドアで使う鍋に悩んでいる方は、買っても損はありませんよ!

オススメです!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!