最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

【モーニンググローリーTC】サバティカルの魅力いっぱいのワンポールテント

サバティカルの「モーニンググローリーTC」が欲しくてずーっと気になっているむひろです。

 

サバティカルの「モーニンググローリーTC」は例えるならショールームのようなワンポールテント

 

大きく開いたフロントパネルがユーザーの世界観を絵画のように見せてくれる。

 

そのため嫌が応にもおしゃれにせざるを得ない、言うなれば「おしゃれキャンパー育成テント」。

 

また「モーニンググローリーTC」はデュオ(二人)、ソロ、父子、母子キャンプ向けのワンポールテント。

 

専用のインナーテントを使用することによって、リビングと寝室を分けて使うことができる。

 

もちろん別にタープを張れば、インナーテントを使わずにコット4つ入れたり、グランドシートを敷いてお座敷スタイルにして家族4人でも使うことができる汎用性を備える。

 

さらにはワンポールテントらしからぬアレンジした張り方もできる。

 

しかもTC素材で結露もしにくく、夏は涼しく冬暖かい。

 

きわめつけはお値段39,800円(税別)の低価格。

 

スタイルが良く、アレンジもでき、汎用性も高く、しかも低価格の「モーニンググローリーTC」はハッキリ言って『欲しい』ワンポールテント。

 

それでは早速ショールームのような「モーニンググローリーTC」のご紹介です。

モーニンググローリーTC

サイズ 470cm×440cm×H270cm
収納サイズ L77cm×W36cm×H23cm
生地 TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)
セット内容 本体、センターポール、フロントポール、サイドポール、ハンガーテープ、ペグ、ロープ一式、キャリーバッグ
重量 本体9.2㎏、ポール3.7㎏、ペグ1.45㎏

現在在庫切れで入荷は来年の初旬頃の予定。

購入はA&Fの公式SHOPでどうぞ。

 

特徴

 特徴 

  • TC素材
  • 大型フロントパネル
  • バックパネル&サイドパネル
  • 下部ベンチレーター&スカート
  • ハンガーテープ
  • インナーテント(オプション)

TC素材

TC生地はコットンとナイロンの混紡素材。

 

コットンのメリットである「通気性」「遮光性」「熱に強い」を維持しつつ、デメリットである「重さ」をナイロンを混紡することによって軽減している。

 

コットンだと雨が心配だが通常の雨なら十分に防いでくれるので大丈夫。

 

ただし「湿気」には弱く「カビ」が発生しやすいのが弱点

 

使用後はしっかり「乾燥」させることが大事。

 

時期にもよるが濡れたまま収納すると一週間でカビが繁殖するので注意。

 

メンテナンスのことを考えると、基本的に「雨の日」に使用することは避けたほうが無難。

 

ナイロンに比べて熱に強くて結露しにくく、「夏涼しく」「冬暖かい」のが特徴。

 

大型フロントパネル

3本のポールによって入り口が大きく開口している独特なシルエット。

 

入り口の高さは180cmあるので、男性でも大きなストレスなく出入りできるし、ワポールテントらしからぬ開放感も魅力。

 

もちろん入り口はメッシュで閉じることもできるので虫が多い時期でも安心。

 

バックパネル&サイドパネル

バックパネルは「フルオープン」「ハーフオープン」の2段階で開口できます。

 

オプションのハーフインナーをつけている時は「ハーフオープン」にして風通し良くできそうです。

 

またサイドパネルを開くこともできます。

とても暑い夜などはサイドパネルを開けて寝れば涼しく過ごせそうですね。

 

下部ベンチレーター&スカート

冬のおこもりキャンプの時にも換気の調整ができる。

 

また、ベンチレーターは内側に傾いているので、雨の日でも開けることが可能。

 

もちろんスカートが付いているので寒い時期のキャンプも大丈夫。

 

ハンガーテープ

ハンガーテープにはランタンを吊るせるように3つのリングが付いています。

 

地味なセット品ですがこれは非常に嬉しい。

 

ユーザーの気持ちに寄り添ってくれていますね。

 

インナーテント(オプション)

オプションのインナーテントを使用することによって、リビングと寝室を分けて使用することができます。

 

インナーテントは大人3人が寝れるスペースがありますが、大人2人+子供1人が丁度良い大きさ。

 

リビングサイズ

インナーテントをつけた時の有効リビングスペースは、幅305cm×奥行180cmくらい。

 

畳に例えると約3畳ちょっと。

 

ヴィガスよりリビングの面積は大きいが、天井の傾きが大きいので体感的には同じくらいの開放感か。

関連記事

ついに念願の「ヴィガス」キャンパルジャパン(オガワ)を購入したむひろです。   先日某オークションサイトを覗いてみると、「ヴィガス」が相場より安い価格で出品されていました。   「おぉ、チ[…]

 

ただしデッドスペースに荷物が置けるので絶対的な広さは「モーニンググローリーTC」の方があります。

 

サイズ的には中央に60~90cmのテーブルと椅子2脚+棚や小物類がベストの配置。

 

リビングと寝室を分けておこもりキャンプするなら、デュオ(二人)、ソロ、父子、母子キャンプ。

 

3人以上の家族で使うならリビングスペースが小さいので、別にタープが欲しい。

 

購入は公式SHOPへ。

 

連結タープ

純正のタープはサバティカルの「マリポサ」。

「マリポサ」もいいけど、(購入は公式SHOPへ)

 

個人的にはムササビウイングTCをドッキングさせて使ってみたい。


(画像:テンマクデザイン)

 

他には色目が合うかどうかわからないけど、形的には「オガワの五角形タイプシステムタープペンタ」か「ハイランダーのTCタープトラピゾイド」あたりか。

 

想像するだけでワクワクしますね。

 

モーニンググローリーのユーザー

ショールームのような素敵なお部屋。

こんなレイアウト憧れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuta machaさん(@machami_tamuchi)がシェアした投稿

 

このムササビウイングとの連結に憧れます。

写真から内部のサイズ感もつかめますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

pepeさん(@pepe_san_)がシェアした投稿

 

まとめ

 特徴 

  • TC素材
  • 大型フロントパネル
  • バックパネル&サイドパネル
  • 下部ベンチレーター&スカート
  • ハンガーテープ
  • インナーテント(オプション)

「モーニンググローリー」はいろんな使い方のできるワンポールテント。

 

インナールームを入れて2ルームっぽくしてみたり、お座敷タイプにして家族で使ってみたり。

 

ゆえにソロ → デュオ → 家族と人数が増えても対応出来る懐の深さを持っている。

 

デザインも個性的でスタイルも良く、ワンポールテントなのに多様なアレンジができる遊び心も持っている。

 

まさにこれからキャンプを始める人は長く使えるテントの一つだと思います。

 

そんな魅力いっぱいの「モーニンググローリーTC」でキャンプを始めてみたくはありませんか。

 

しかし残念ながら「モーニンググローリーTC」は現在在庫切れで入荷は来年初旬になってしまいます。

 

ワクワクしながら「モーニンググローリーTC」を待って、来シーズンから目一杯キャンプを楽しみたいですね!

 

<今回ご紹介した商品>

「モーニンググローリーTC」公式SHOP

「モーニンググローリー インナーテント」公式SHOP

「マリポサ M TC」公式SHOP

 

記載のない画像は「A&Fカントリー」さんからお借りしました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!