最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

【クレイモア ウルトラプラス】新型LEDランタン登場!ミニもカワイイぞ

人気に火が付いてきた「クレイモア」から、新型の『クレイモア ウルトラプラス』が発売されました。

 

「クレイモアプロ」は当ブログでも紹介しており、人気記事の1つになっています。

関連記事

(出典:Amazon) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   「クレイモア」に新型の「クレイモア ウルトラプラス」がリリースされました。 最新の情報はこちら。[…]

 

その人気の「クレイモアプロ」の後継が『クレイモア ウルトラプラス』。

 

新バージョンの『クレイモア ウルトラプラス』になって、どのようにに変わったのか。

また、『クレイモア ウルトラプラス ミニ』とは?

 

現在も販売されている「クレイモアプロ」と『クレイモア ウルトラプラス』を比較して見ていきましょう。

 

クレイモア ウルトラプラスとは

「クレイモア ウルトラプラス」は「PRISM(プリズム)」という韓国製のブランドです。

現在「クレイモア ウルトラプラス」は「S・M・L ・ミニ」の4モデルが発売されています。

 

製品番号もそれぞれ「S:CLC-800ULP」「M:CLC-1300ULP」「L:CLC-1800ULP」「ミニ:CLC-400」となっています。

 

【クレイモア ウルトラプラス】のスペック

3モード光色変更と無段階調光、スマホへの充電も可能。
キャンプやBBQなどアウトドアは勿論、
登山、フィッシングやサイクリング、フォトロゲイニングなどのアウトドアスポーツに。
災害時には光源、充電バッテリー、SOS発信機能付きと非常用としても1台あれば安心!
充電しながら、電子機器への同時給電が可能。
スタンド付きで立てたり、置いたり。付属のフックで吊り下げも可能な3way。
4段階のバッテリー残量表示付きでわかりやすい。
ハードケース付き。

(引用:楽天)

『クレイモア ウルトラプラス』には、ターボモードが新登場。

ターボモードとは、「電球色と昼光色」両方のLEDを使用する『昼白色』の時にターボモードになり、倍の明るさになります。

 

例えば、『クレイモア ウルトラプラス L』なら、それぞれ「電球色」は1,350lm、「昼光色」も1,350lmですが、『昼白色』にすると1,350lm+1,350lmの、2,700lmもの明るさになります。

 

ちなみに2,700lmの明るさは、蛍光灯1本と同等の明るさです。

近くから直視したら、確実に目を痛めますね。

 

【クレイモア ウルトラプラス S 】

サイズ 本体:幅 120mm × 奥行き 90mm × 高さ 34mm
重量 約 275g
バッテリータイプ リチウムイオン電池 (SAMSUNG製)
バッテリー容量 3.6V 7,000mAh (25.2Wh)
明るさ 電球色・昼光色 : 30~600Lumen
ターボモード(昼白色) : 60~1,200Lumen
連続点灯時間 電球色・昼光色 : 7~50時間
ターボモード(昼白色) : 3.5~25時間
色温度 昼光色 : 6500K (±15%)
昼白色 : 4200K
電球色 : 3000K
USB入出力 5V2A
充電時間 2時間30分
防水防塵 IP44
付属品 MicroUSB充電ケーブル / ランタンハンガー(Sフック)2個 / 専用ハードケース
原産国 韓国

 

【クレイモア ウルトラプラス M】

サイズ 本体:幅 160mm × 奥行き 90mm × 高さ 34mm
重量 約 405g
バッテリータイプ リチウムイオン電池 (SAMSUNG製)
バッテリー容量 3.6V 11,600mAh (41.76Wh)
明るさ 電球色・昼光色 : 40~1,100Lumen
ターボモード(昼白色) : 80~2,200Lumen
連続点灯時間 電球色・昼光色 : 8~80時間
ターボモード(昼白色) : 4~40時間
色温度 昼光色 : 6500K (±15%)
昼白色 : 4200K
電球色 : 3000K
USB入出力 5V2A
充電時間 6時間
防水防塵 IP44
付属品 MicroUSB充電ケーブル / ランタンハンガー(Sフック)2個 / 専用ハードケース
原産国 韓国

 

【クレイモア ウルトラプラス L】

サイズ 本体:幅 200mm × 奥行き 90mm × 高さ 34mm
重量 約 545g
バッテリータイプ リチウムイオン電池 (SAMSUNG製)
バッテリー容量 3.6V 17,400mAh (62.64Wh)
明るさ 電球色・昼光色 : 50~1,350Lumen
ターボモード(昼白色) : 100~2,700Lumen
連続点灯時間 電球色・昼光色 : 11~100時間
ターボモード(昼白色) : 5.5~50時間
色温度 昼光色 : 6500K (±15%)
昼白色 : 4200K
電球色 : 3000K
USB入出力 5V2A
充電時間 7時間
防水防塵 IP44
付属品 MicroUSB充電ケーブル / ランタンハンガー(Sフック)2個 / 専用ハードケース
原産国 韓国

 

【クレイモア ウルトラプラス ミニ】

サイズ 本体:幅 85mm × 奥行き 66mm × 高さ 27mm
重量 約 116g
バッテリータイプ リチウムイオン電池
バッテリー容量 3.6V 3,500mAh (10.8Wh)
明るさ 30 ~ 550Lumen
連続点灯時間 6 ~ 24時間
色温度 昼光色 : 6500K (±15%)
昼白色 : 4200K
電球色 : 3000K
USB入力 5V1A
充電時間 6時間30分
防水防塵 IP64
付属品 MicroUSB充電ケーブル / ランタンハンガー(Sフック)2個 / カラビナ1個 / 専用ハードケース
原産国 韓国

カラーは「レッド」と「ダークグレー」の2色。

 

比較

皆さん、新型になって気になるのは、主に「明るさ」「バッテリー容量」「重さ」「サイズ」「連続点灯時間」「値段」の6点だと思います。

6点の中で変化がなかったのは「サイズ」と「連続点灯時間」と「値段」

 

中でも、お値段据え置きは嬉しいですね。

また、「連続点灯時間」は「ターボモード」にすると単純に使用時間が半分になります。

 

それでは、残りの「明るさ」「バッテリー容量」「重さ」3点について見ていきましょう。

 

「S」の比較

クレイモア ウルトラ S クレイモアプロ S
明るさ 電球色・昼光色 30Lm~600 Lm
ターボモード(昼白色) 60Lm~1,200 Lm
30~500Lm
バッテリー容量 7,000mAh 5,200mAh
重さ 275 g 227 g
サイズ 120(幅)・90(奥行)・34(高さ)mm 120(幅)・90(奥行)・34(高さ)mm
連続点灯時間 電球色・昼光色 7~50時間
ターボモード(昼白色) 3.5~25時間
およそ7~50時間
値段 8,618円 8,618円

※上の表は、スマフォの方は横にスクロールできます。

 

通常時の明るさは、500Lm→600Lmへ100Lmのアップ

もちろん、ターボモードは倍の明るさになるので、最大1,200Lmと大幅アップ

 

バッテリーも、5,200mAh→7,000mAhへ1,800mAhのアップ

iPhoneXRのバッテリーが3,000mAhなので、2回は丸々充電できそうです。

 

ただし、バッテリー容量がアップしたので重量は50gほど増えてしまいました。

 

連続使用時間も7〜50時間あるので、一泊のキャンプならこの「S」で十分ですね。

 

「M」の比較

クレイモア ウルトラ M クレイモアプロ M
明るさ 電球色・昼光色 40Lm~1,100 Lm
ターボモード(昼白色) 80Lm~2,200 Lm
30~1000Lumen
バッテリー容量 11,600mAh 10,400mAh
重さ 405 g 408 g
サイズ 160(幅)・90(奥行)・34(高さ)mm 160(幅)・90(奥行)・34(高さ)mm
連続点灯時間 電球色・昼光色 8~80時間
ターボモード(昼白色) 4~40時間
およそ8~80時間
値段 10,778円 10,778円

※上の表はスマフォの方は、横にスクロールできます。

 

通常時の明るさは、1,000Lm→1,100Lmへ100Lmのアップ

もちろん、ターボモードは倍の明るさになるので、最大2,200Lmと大幅アップ

 

ただし、最小光量も10Lmアップしているので、常夜灯としては眩しい明るさ

常夜灯としてテント内で使用するときは、薄い布をかけるか、別の暗くなるランタンを使用することになりそう。

 

バッテリーも11,600mAhへと増量しており、iPhoneXRなら約4回充電できますね。

バッテリー容量がアップしましたが、重さはほとんど変わっていないのは嬉しいポイント。

 

ただし、重さが400gを超えるので、幕にぶら下げるときは、しっかりと縫製されているところに引っ掛けるか、ロープやハンキングチェーンを使って使用したいですね。

 

バッテリーの容量も十分にあり、2泊のキャンプでも余裕を持って使うことができますね。

 

「L」の比較

クレイモア ウルトラ L クレイモアプロ L
明るさ 電球色・昼光色 50Lm~1,350 Lm
ターボモード(昼白色)100Lm~2,700 Lm
30~2500Lumen
バッテリー容量 17,400mAh 15,600mAh
重さ 545 g 544 g
サイズ 200(幅)・90(奥行)・34(高さ)mm 200(幅)・90(奥行)・34(高さ)mm
連続点灯時間 電球色・昼光色 11~100時間
ターボモード(昼白色)5.5~50時間
およそ5.5~100時間
値段 12,938円 12,938円

※上の表はスマフォの方は、横にスクロールできます。

 

最大の明るさは、2,700Lmにアップ

ただし、最小光量も50Lmとアップしているので、常夜灯には使えない眩しさ

常夜灯としてテント内で使用するときは、布をかけるか、別の暗くなるランタンを使用することになりそう。

 

バッテリーも17,400mAhへと増量しており、iPhoneXRなら約6回充電できますね。

「L」も、バッテリー容量がアップしましたが、重さはほとんど変わっていないのは嬉しいポイント。

 

しかし、500mlのペットボトルより重いので、使用するときは、直接ポールにひっかけるか、ロープやハンキングチェーンを使って使用したいですね。

 

光面も広くとても明るいので、大きいテントや大人数のイベント時でも、安心して使えますね。

 

考察

『クレイモア ウルトラプラス』4シリーズの中で、結局使いやすいのはどれか。

個人的な意見ですが、私は、『クレイモア ウルトラ ミニ』か『クレイモア ウルトラ S』が使いやすいと思います。

 

重さから考える

重いとぶら下げる場所に気を使うのもそうですが、ぶら下げた時に照らしたい方向に固定するのが、なかなか難しい。

最大光量にして、蛍光灯のように真下を向けて照らす方法もありますが、使い方が限られてきます。

 

大きくて重いと、ちょっと動かしたい時に不便を感じるので、気軽に扱えて吊るす場所も気にならない「ミニ」や「S」が使いやすいと思います。

 

コスパから考える

値段も大きくなるにつれて、約2,000円ずつ高くなっていき、ちょうど「ミニ」の倍の金額が「L」。

それなら、約13,000円で「L」を1つ買うより、「ミニ」を2つ買った方が使い勝手は数段良くなります

 

「ミニ」の500Lmも十分明るいので、2つあればサイト内で暗いところはほぼなくなります

1つを固定して使用し、もう一つを少し暗いところに移動させて使えるので、ランタンは2個使いが便利です。

 

ちなみに、ほぼ同じ光量の「ギャラクシーランタン」の光量がこれ。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   「ギャラクシーランタン」の未使用品が「メルカリ」で『1,500円』で販売されていたので、試しに買ってみました。 ランタンの明る[…]

結構明るいですよね。

 

ベストな組み合わせ

これらのことから、使いやすい組み合わせは、「ミニ+ミニ」「ミニ+S」「S+S」あたり。

 

グルキャンにも対応できる明るいランタンが欲しい人は、「M+ミニ」「M+S」

 

大人数イベントを頻繁に行うようなら「L」をチョイスするのが良さそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

じわじわ人気が出ている「クレイモア」。

 

その新バージョンの「クレイモア ウルトラプラス」シリーズは、黒が基調で、サイトの雰囲気を壊すことがないシンプルさ。

大人気の「ルーメナー」シリーズもいいですが、「クレイモア ウルトラプラス」は「ルーメナー」よりも安くて性能も負けていません

それに「クレイモア ウルトラ ミニ」も見た目が可愛く、所有欲をそそります。

 

新しくなった「クレイモア ウルトラプラス」は、以前の「クレイモアプロ」よりも性能がバージョンしているのに、お値段は据え置きの嬉しいプライス。

新しいランタンを検討されている方は、最上級の明るさの新型「クレイモア ウルトラプラス」はいかがですか?

 

<今回ご紹介した商品>

画像は「アマゾン」さんからお借りしました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!