最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

【ルビテックバルブ】USB充電のスノーピーク「たねほおずき」もどき

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。

 

キャンプで人気の室内灯といえばスノーピークの「たねほおずき」。

 

「たねほおずき」はスノーピーク商品の中でもリーズナブルで比較的手を出しやすいアイテム。

 

しかしそれでも4000円という値段は気軽に買える金額ではない…

 

そこで気になるのが「ルビテックバルブ」。

 

「たねほおずき」にそっくりな外観で、しかもUSB充電ができ、金額が約半額とくればとても魅力的!

 

それでは早速「ルビテックバルブ」の紹介です。

ルビテックバルブ(RUBYTEC Bulb)

重量 104g
サイズ φ80×102(h)mm
明るさ 15ルーメン 20%モード 14時間 / 50ルーメン 50%モード 7時間 / 100ルーメン 100%モード 4時間
電池 1000mAh、リチウムイオン電池
フル充電 USBにて3~6時間
防水加工 IPx7
カラー BLACK
BLUE
GREEN
RED

 

たねほおずき

重量 57g(電池を除く)
サイズ φ62×75(h)mm
明るさ 60 lm(最大)
点灯モード Hi-Low/Strobe/疑似ゆらぎ+無段階調光
連続使用時間 Hi-60時間 Low-100時間
電源 単四形アルカリ乾電池(LR03)3本使用
防水 IPX4

 

比較

※画像は「たねほおずき」です

スノーピークの「たねほおずき」と「ルビッテクバルブ」を比較してみます。

※表は横にスクロールします。

名称 たねほおずき ルビテックバルブ
重量 57g(電池を除く) 104g
サイズ φ62×75(h)mm φ80×102(h)mm
明るさ 60 lm(最大) 100lm(最大)
点灯モード Hi-Low/Strobe/疑似ゆらぎ+無段階調光 3段階
連続使用時間 Hi-60時間 Low-100時間 Hi-4時間 Mid-7時間 Low-14時間
電源 単四形アルカリ乾電池(LR03)3本使用 1000mAh、リチウムイオン電池(充電可)
防水 IPX4 IPx7

※赤字が優れている方です。重量は電池を入れるとほとんど変わらないので優劣なし。

ルビテックバルブが優っている点

 優れている点 

  • 最大光量:100lm(60lm)
  • 電源:リチウムイオン電池(単4アルカリ乾電池)
  • 防水:IPX7(IPX4)
  • 値段:2300円(4000円)税抜

※( )内は「たねほおずき」

【最大光量】

最大光量は「ルビテックバルブ」が100lmと明るくなります。

100lmがどれくらいの明るさかというと、懐中電灯くらいの明るさ。

60mlがマグライトくらいの明るさ。

テント内で使うのなら60mlあれば十分ですし、常夜灯にするなら10lmあれば十分です。

ただし探し物をするときなどは明るい方がいいので、その点では「ルビテックバルブ」が有利。

 

電源

電源はUSB充電ができる「ルビテックバルブ」が有利。

「たねほおずき」は単4の乾電池が3本必要となるので、ランニングコストがかかります。

 

防水

IPX4とIPX7の違いですが、

IPX4:30〜50cmの高さから10分間の放水に耐えられる。

IPX7:15cm〜1mの水につけて30放置できる。

となっています。

簡単に言えば、「たねほおずき」はちょっとくらい水に濡れても平気。

「ルミテックバルブ」は雨でもガンガン使える

くらいの差なのでここは「ルビテックバルブ」の圧勝。

 

値段

「ルミテックバルブ:2300円(税抜)」、「たねほおずき:4000円(税抜)」。

「ルミテックバルブ」は「たねほおずき」の約半額ほどなので、コストパフォーマンスはとても良い。

 

ルミテックバルブが劣っている点

 劣っている点 

  • サイズ:φ80×102(h)mm(φ62×75(h)mm)
  • 調光:3段階(無段階)
  • 連続使用時間:最大14時間(最大100時間)

※( )内は「たねほおずき」

サイズ

「たねほおずき」の方が一回り小さくなります。

「たねほおずき」の人気はあの可愛らしいフォルムとコロンとしたサイズ感。

一回り大きい「ルビテックバルブ」はワンラク上の「ほおずき」と同じくらいのサイズ。

並べれば「たねほおずき」のサイズ感がかわいいと思います。

 

調光

「たねほおずき」は無段階で調光できます。
これは大きなメリット。
「ルビテックバルブ」も3段階調光ができるので特に問題はないが、無段階と比べてしまうとやはり見劣りしてしまう。
人によって丁度良い明るさは違うので無段階の「たねほおずき」が有利。
連続使用時間
連続使用時間は「たねほおずき」が最大100時間に対して、「ルビテックバルブ」は最大14時間。
数字だけ見てしまうと「たねほおずき」の圧勝ですが、「ルビテックバルブ」はUSB充電ができます。
モバイルバッテリーを持っていけば充電して使うことができるので、その差はほとんどないと言ってもいいかも。

まとめ

※画像は「たねほおずき」です

 優れている点 

  • 最大光量:100lm(60lm)
  • 電源:リチウムイオン電池(単4アルカリ乾電池)
  • 防水:IPX7(IPX4)
  • 値段:2300円(4000円)税抜

※( )内は「たねほおずき」

 劣っている点 

  • サイズ:φ80×102(h)mmφ62×75(h)mm
  • 調光:3段階(無段階)
  • 連続使用時間:最大14時間(最大100時間)

※( )内は「たねほおずき」

「ルビテックバルブ」は「たねほおずき」によく似たフォルムのUSB充電ができるランプ。

 

個人的に「たねほおずき」の最大のネックであった「乾電池」を使わないで済むのが最大の魅力

電源が「乾電池」か「USB充電」のどちらがいいのかは好みは分かれますが、「乾電池」は使用後の処理のこともあり「USB充電」の方がまだ地球にも優しい気もしますので個人的にはUSB充電ができる方が好みです。
まぁ、ただ単に「乾電池」の方がコストがかかり、購入しなければならない手間もかかるというセコくて面倒くさがりなことが最大の理由ではありますが…
というこことで「ルビテックバルブ」は
  • 「たねほおずき」のような可愛いランプが欲しい
  • USB充電ができる
  • 安く買いたい!
という方には特にオススメの一品。
テント内でのランプに困っていた方にピッタリな「ルビテックバルブ」。
可愛い常夜灯でキャンプの夜の雰囲気を楽しんでみてはいかがですか。
<今回ご紹介したアイテム>
画像は「楽天市場」さんからお借りしました。
最新情報をチェックしよう!