主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

【レイルロードランタンLED】レトロな雰囲気のベアボーンズのLEDランタン

「レイルロードランタン」は戦前の北米で使われていたアンティークランタン。

 

どこかのキャンプ場で見かけたときに他とは違った形で雰囲気があっていいなと思っていましたが、燃料系のランタンだし、値段も高いし、見てみぬふりをしていました。

 

が、しかし!

 

ベアボーンズから「レイルロードランタンLED」なるものが発売されているではありませんか!

 

ベアボーンズといえば人気の「ビーコンライトLED」をはじめとして雰囲気たっぷりのLEDランタンをリリースするお気に入りのメーカー。(一つも所有していないが勝手にお気に入りにしている)

関連記事

(出典:Barebones Living) ベアボーンズの「ビーコンライト」が、欲しくてたまらないむひろです。   「キャンプシーンをもっと雰囲気あるものにしたいな」って思ったことありませんか? &nb[…]

 

そのユーザーからも評価の高いベアボーンズがリリースしているのだから「レイルロードランタンLED」の醸し出すアンティーク感たっぷりの雰囲気に間違いはありません。

 

それでは早速雰囲気たっぷりの「レイルロードランタンLED」のご紹介です。

レイルロードランタンLED

付属品 4400mAHリチウムイオン電池(内蔵)、充電用USBケーブル(タイプC)
充電性能 (入力電圧-電流)5V-最大1.5A以下
使用電球 3.2w 暖色エジソンタイプLEDバルブ
明るさ 35〜200ルーメン
連続点灯時間 Lowパワー:100時間、Hiパワー:3.5時間
材質 スチール、プラスチック、ゴム、ガラス
重量 960g
created by Rinker
ベアボーンズ(Barebones)
¥18,800 (2020/05/27 23:59:07時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

 特徴 

  • アンティーク感漂う雰囲気たっぷりのフォルム
  • 充電式LEDランタン
  • ハイパワー3.5時間、ローパワー100時間
  • 35〜200ルーメンの調光

アンティーク感漂う雰囲気たっぷりのフォルム

置いておくだけで絵になる「レイルロードランタンLED」。

 

他とは違った形で雰囲気の良いランタンをお探しの方にピッタリ。

 

そのこだわりはガラスのホヤにも気泡を入れるほど。

ガラスのホヤに気泡を入れることによって光が乱反射し、この気泡がまるでキラキラ輝く星々のような役割をはたします。

 

光を灯してただ明るくするためのものではなく、その明かりを見ているだけでも飽きないそんな空間を演出します。

 

充電式LEDランタン

小さいお子さんがいるご家庭はやはりLEDランタンが扱いやすくてオススメ。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   初めてキャンプに行くときに絶対に必要なランタン。   なるべく明るくサイトを照らしたいけど、どんなランタンを選[…]

 

触っても火傷しないし、ひっくり返しても火事にならない

 

さらには充電して使えるなど手軽で便利なのがオススメの最大の理由。

 

ただし燃料系と比べてデメリットもあります。

 

それは雰囲気と明るさ

 

明るさはものによっては燃料系ランタン並みのものもありますが、一般的なものはやはり燃料系のランタンには敵わない。

 

雰囲気も実際の炎と比べてしまうと電球では味気ないし、そもそもの形も雰囲気を楽しめるものはほとんど無い。

 

でも「レイルロードランタンLED」の持つレトロな雰囲気は燃料系ランタンにも負けていません

 

「レイルロードランタンLED」は、LEDランタンの中でも数少ない雰囲気まで楽しめるLEDランタンです。

 

35〜200ルーメンの調光

35〜200ルーメンまで無段階調光ができます。

 

これは嬉しい機能。

 

一般的なLEDランタンはスイッチ一つで3段階の調光ができるのが主流。

 

これはこれで便利だけどやはり雰囲気を楽しみたいなら無段階調光が嬉しい

 

その時の気分によってランタンの明るさを調整するのもキャンプの夜の楽しみ方の一つ。

 

その時の気分にあった明るさで照らされると心も体も癒されます。

 

気になる点

 気になる点 

  • ハイパワー3.5時間、ローパワー100時間
  • 最大200ルーメン

ハイパワー3.5時間、ローパワー100時間

ローパワーの100時間は嬉しいが、ハイパワーだと満充電でも3.5時間しか使えないのが心もとない。

 

ハイパワーで使うと一晩持たないこと考えると二の足を踏むが「レイルロードランタンLED」はUSBで充電しながらも使えると知ったらどうだろうか。

 

モバイルバッテリーを用意すれば一晩中ハイモードで照らしても大丈夫

 

これなら一安心ですね。

 

最大200ルーメン

最大200ルーメンではメインランタンには物足りない明るさ

 

私の所有しているジェントスのランタンの約半分の明るさ。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   初めてキャンプに行くときに絶対に必要なランタン。   なるべく明るくサイトを照らしたいけど、どんなランタンを選[…]

 

またサイズもそこそこ大きいため手元から離れた場所に置くことになるので、明かり不足を感じることも。

 

特に料理の時は手元が明るくないと危険だし、肉も火の通り具合がわからないため明るいランタンが欲しい

 

ここは割り切ってメイン用の明るいランタンを一つ用意して、食事の時はそちらも利用し食後のキャンプナイトを楽しむ時間は「レイルロードランタンLED」でしっぽりとがいいかも。

 

もしくはヘッドライトをライトを用意するのもオススメ。

まとめ

 特徴 

  • アンティーク感漂う雰囲気たっぷりのフォルム
  • 充電式LEDランタン
  • ハイパワー3.5時間、ローパワー100時間
  • 35〜200ルーメンの調光

 気になる点 

  • ハイパワー3.5時間、ローパワー100時間
  • 最大200ルーメン

「レイルロードランタンLED」はレトロな雰囲気たっぷりのLEDランタン。

 

気になる点もあるけど、モバイルバッテリーや明るいランタン、またはヘッドライトを用意することでカバーできる

 

なかなか雰囲気の良いLEDランタンはないので、雰囲気の良いLEDランタンをお探しの方にはピッタリなのが「レイルロードランタンLED」。

 

今年のキャンプの夜は「レイルロードランタンLED」で雰囲気も楽しんでみませんか。

 

<今回ご紹介したアイテム>

全ての出典画像は「ベアボーンズ」さんからお借りしました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!