主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。
CATEGORY

テント&タープ

【ヘキサイーズ1】と【フロントポーチ 2P】|【エントリーIGT】と使いたいソロキャンプ用テント

最近ソロキャンプ用のテントにまた興味が湧いてきました。ソロで行くのなら、タープ+テントかなと思っているんですが、なんとその2つがドッキングしたテントがあるではありませんか。スノーピークの『ヘキサイーズ1』とニーモの『フロントポーチ2P』。どちらも似たような形をしています

【カマボコテントソロTC】は買い?それともスルー?

ソロ、父子キャン、母子キャン向けのテント「カマボコテントソロTC」の紹介です。DODさん、また魅力的なテントを発売してきました。人気のカマボコテントもこれで3兄弟になりましたね。これまでのカマボコテントととの大きな違いは、生地がTC(ポリコットン)になったこと。

【軌跡2話】ロゴスのコンニャクタープの初張り|ペグの大切さを知るの巻

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。 さて、始めてのバーベキューの課題として浮き彫りとなった「日陰がない」&「丸見え」の状態を打開すべく導入したロゴスのコンニャクタープ。(← すでに正式名称を忘れている) これでプライベートも確保され、快適なキャンプが約束される! はずだった・・・

ゼインアーツ(ZANE ARTS)の【ZEKU-M / ゼクーM】は要チェック!

昨年より情報を発信したブランドのゼインアーツ(ZANE ARTS)。その新しく歩みだしたゼインアーツより、今年(2019年)の4月に4種類(テント×3、タープ×1)の幕体が発売予定です。今回発売される4種類の中から特に気になった、ワンポールテントのゼクーM(ZEKU-M)と、4ウィングタープのゲウ(GEU)を中心に紹介させていただきます。 ワンポール型テントのゼクーM(ZEKU-M)は、4〜6人向けのミドルサイズシェルターとなっていて、インナーテントはありませんがリビングシートが付属されています。 リビングシートを敷いて、手軽にお座敷スタイルにできるのは嬉しいポイントです。 また、4ウィングタープのゲウ(GEU)は、小スペース設計でありながら、広い有効面積を確保できるのが大きな特徴。 しかも、誰でも容易に美しく張れるように設計されているということなので、超ポイントが高いですね! それでは、新しいブランドのゼインアーツの紹介からいってみます!

DOD「ロクロクベース」は広くてリーズナブルで簡単設営の優れもの

昨年の6月( 2018.6 )にDODから発売された「ロクロクベース」をご存知ですか?こちらの「ロクロクベース」も非常に魅力的なテントとなっております。どこが魅力的かと申しますと、「ロクロクベース」はその名の通り、6m×6mの約21畳もある広い床面積のテントなのに、価格が6万円(税別:2019.1.23現在)とリーズナブル

ツインピルツフォークT/Cを購入できなかった理由

実は、昨年の5月に行ったグルキャン前に、購入する寸前までいったテントがあります。設営が簡単でおしゃれに見えて、しかもテントとしてだけではなく、タープとしても使える。そんな魅力的で多機能なテントが、オガワキャンパルの「ツインピルツフォークT/C」です。

小川ヴィガスについてアメニティドームと比べて考えてみた

発売からずっと気になっているテントの1つが、小川のヴィガスです。なぜ気になっているかというと、コンパクトなサイズで「ソロ」「父子キャン」に丁度良い大きさであること。コンパクトで少人数用のテントなのに、リビングスペースは、250cm×195cm(約畳3畳)×高さ192cm、寝室スペースは、220cm×150cm×高さ160cmと、十分な広さ。

初めてのバーベキューに持っていくもの(道具)|初めてのキャンプ③

今回は、初めてのキャンプに持っていく道具編です。いきなりキャンプで使う道具を全てピックアップするとかなりの量になりますので、まずは日帰りバーベキューに必要な道具からピックアップしていきたいと思います。道具は全て買い揃えるのではなく、まずは家にあるものを利用して、足りないものを購入するようにするのがベターです。

キノコテント(DOD)はワンタッチでカワイイぞ!嬉しいプレゼントもあるよ!

今最も勢いのあるDODから、見た目もカワイイ「キノコテント」が発売されました。DODの「キノコテント」は、可愛らしい見た目とは裏腹に、大人2人+子供2人の就寝スペースを確保した上で、ワンタッチで設営できる優れもの!見た目は「小さいベルテント」のようですが、前回紹介した「アスガルドミニ」よりもカジュアルな感じの「キノコテント」。