最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

【キャンプデビュー】10月末日のキャンプの寒さにバァバは耐えらるのか?

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。

 

10月最終週の週末にバアバを連れてキャンプに行ってきました。

 

場所はいつもの土村キャンプ場。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   いよいよ家族初のバーベキュー! ネットでバーベキューのできそうな河原を調べてみると、意外にも近くにポツポツとバーベキュースポットがある[…]

 

今回は前日よりママが出張&小学校の行事に出席するために不参加。

 

代わりというわけではないけど、バアバがキャンプに参加。

 

しかも初キャンプらしい。

 

それではバアバ初キャンプとなったお話です。

バァバが初キャンプした経緯

ママが金曜日から出張のため、その間子供たちを見てもらうためにバアバにお願いして来てもらっていました。

 

いつもなら金曜日だけ見てもらい土曜日には帰る予定でしたが、ママから「バアバも誘ってキャンプに行ってきたら?」との提案。

 

多分来ないだろうと思いつつバアバを誘ってみるとまさかのOK。

バアバを連れていく準備

こいつはまずい。

 

山間部は夜は冷え込むので寒さ対策が必要。

 

しかも初キャンプとなると、経験のない寒さはご老体に堪える。

 

う〜ん、、、どうしたものか・・・

 

いろいろ考えて5分後には「ポータブル電源」をポチ。

関連記事

ついにポータブル電源(バッテリー)を購入してしまったむひろです。   ポータブル電源は以前より気にはなっていたものでしたが、なかなか踏ん切りがつかずにいました。   今回エアーベッドを入手[…]

 

「いろいろ考えたという割には5分かよ!」というツッコミごもっとも。

 

だって、ポータブル電源買うきっかけが欲しかったんだもん。

 

でもちゃんと考えましたよ。

 

寝袋新調するとか、布団持っていくとか・・・

 

でもね、やっぱり電気毛布があったかいんですよ。

 

文明の利器があるなら使ったほうが幸せなのではとの結論に5分でたどり着いただけのことです。

 

バァバに寒い思いをさせたくないしね! ← 表向きの大義名分

 

バアバキャンプスタート

薪の用意をしていなかったので、9:30の開店と同時にいつものホームセンターへ薪の購入とついでに食料の買い出し。

関連記事

こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   静岡市清水区にあるDCMカーマ清水店に行ってきました。 「DCMカーマ」は、中部・東海・神奈川県に展開するホームセンターです。[…]

 

キャンプ場には11:00過ぎに到着。

 

この時期はキャンプしている人も少ないだろうとタカをくくってのんびり行ったらまさかの激混み。

 

キャンプ場の一番奥しか空いていない。

 

なんなんでしょう、この人数は…

 

一昨年は4、5組くらいだったはずなのに、キャンプブームってすごいですねぇ…

 

トイレからかなり遠くなるけど仕方ありません。

 

早速設営開始です。

 

おニューテント設営

今回設営するのは「アウトドアベース」という台湾メーカーのテント。

 

詳しいレビューは別記事でします。

 

写真撮りながらテント40分、タープにも30分ほどかかって設営終了。

 

設営後のスタイルはなかなかいい感じです。

 

白一色だと味気ないですが、アクセントで入っているパターンがとてもお洒落。

 

これから長い付き合いになりそうです。

 

エアベッド

エアベッドも今回初登場。

 

バァバに快適な睡眠をしてもらうためにはバッチリのタイミング。

 

このエアベッドかなりいい!

 

今までのエアベッドはフワフワしすぎたり、隣で寝返り打たれると揺れたりして熟睡できませんでした。

 

しかしこのエアベッドは今までのものとは次元が違います。

 

また詳しいレビューは別記事でしますが、このエアベッドは入手できて本当に良かったです。

 

タープ

タープを張るのに30分もかかってしましました。

 

それもそのはず、通常のタープとは形状が違います。

 

半スクリーンタープ的なそのスタイルはとても個性的。

 

非常に使い勝手も良く、今後この形のタープが続々と登場しそうな予感。

 

このタープも長い付き合いになりそうです。

 

これも詳しいレビューは別記事で。

 

のんびりキャンプスタート

設営が終わって一息つくとさっきまでいたゆずの姿が見えません。

 

あれ?ゆずどこいった?と長男に聞いていると、テントの中から水着に着替えたゆずが出てきて、

 

ゆず「それじゃ川にいこ!」

 

むひろ「ま、待て。もう11月になるんだぞ。川になんて入ったら風邪ひくぞ。」

 

ゆず「大丈夫。暑いから平気。」

 

むひろ「太陽が出ているから暖かく感じるけど、日陰は寒いくらいだし水も冷たいからダメ。」

 

ゆず「川に入っている人いるもん!」

 

むひろ「水着になってるのはお前だけだぞ。台風も来て川の流れが変わっているから危ないよ。」

 

ゆず「え、台風…」← 連日の台風の映像を見てめっちゃビビってた。

 

むひろ「そう、今までの台風で川の水があんな風になるかもしれないから今日はダメ。」

 

ゆず「わかった。」

 

「台風」の一言ですんなり諦めたゆず。

 

あのわがまま娘のゆずが「台風」の一言ですんなり言うことを聞くなんて、やはり今回の台風は尋常ではなかったですよね。

 

被害に遭われた地域の1日も早い復興をお祈りします。

 

薪割り開始

設営後はみんなでウノなどを楽しんだ後、夜の焚き火用の薪割りをします。

 

兄弟仲良く協力しての薪割り。

 

子供たちって薪割り好きですよね。

 

温泉へ

薪割りをした後、15:30温泉へ。

 

ここ「やませみの湯」は温泉の受付終了時間が18:30と早いので、夕食を食べてからだと間に合わないことも。

 

今回はのんびりと温泉に浸かってもらうために早めに「やませみの湯」へ。

 

到着してみると何やら明日からイベントの様子。

毎回思うけど、ここの広場でキャンプできたら最高なのにな〜。

 

風呂上がりのアイスを食べたりして、1時間ほどで「やませみの湯」を後にしました。

 

夕食

16:30過ぎに戻ってきたら、夕食の準備に取り掛かります。

 

まずは炭の火おこしから。

着火剤の袋が開いていて、油分がだいぶ気化してしまっていたようですぐに火が消えてしまいます。

 

ということで、子供たちが頑張って火吹き棒やうちわで火をつけることに。

 

わたしはのんびりとその様子みながら缶ビールをプシュ。← ひどい親

 

やっぱり子供たちが試行錯誤しながら頑張っている姿を見ている時って、嬉しかったりハラハラしたりと、その時間は何ものにも代えがたいですよね。

 

まさかのあれがない!?

炭にも火も付いたし、それじゃバーベキューをスタートするかと焼き網の準備。

 

ん?

 

あれ?

 

焼き網がない!

 

まじかっ!!

 

どこを探しても焼き網がない…

 

どうやら前回のグルキャンの時にキャンプ場に忘れてしまったらしい。

 

やっちまった・・・

 

とりあえず焼きそば用の鉄板を予備で持っているので、今回は鉄板を炭の上に直に置いて鉄板焼きにします。

 

鉄板バーベキュー開始

まず最初に焼くのはインパクトの強いステーキ肉から。

 

せっかくの初キャンプなので、印象に残すためにステーキ肉を用意。

 

子供達も大好きなのでテンション上がるはず!

 

と思ったら、ゆずがまさかの「私いらない」発言。

 

この女、本当にわがままだな・・・

 

柔らかい肉じゃないと食べないゆず。

 

固くない肉だったので、小さくカットして渡すと少しだけ食べていました。

 

この前までステーキ大好きだったのに、本当にこの女の好みはコロコロ変わる。

 

これは将来旦那さんになる人は大変だ。

 

もう一枚ステーキ肉を焼いて、ゆず以外の3人で食べちゃいました。

 

次はホタテや餃子、コーンバターや椎茸など、どんどん焼いて食べていきます。

最後の締めは海老ピラフ。

 

普段は小食のバァバですが、この日は美味しかったらしくかなりいっぱい食べていました。

 

やっぱり青空効果ってすごいですね。

 

なんでも美味しくしてしまう最高のスパイスです。

 

焚き火開始

食後の片づけをしたら焚き火開始。

 

バァバと子供達で昔のことなどを話しながら焚き火を楽しみます。

 

子供達が火を絶やさないように上手に薪を追加。

 

交代で薪を入れたりして仲良く焚き火を楽しみました。

 

焚き火開始から2時間くらいした20:30頃バァバや子供達が眠いと言ってテントへ。

 

初の電気毛布

いよいよ人生初の野外で電気毛布の使用。

 

と言っても電気毛布を横に敷いてバァバと子供達だけで使用。

 

毛布も用意したし寒さは大丈夫なはず。

(写真は昼間のテント内)

もし夜寒いようならバァバだけで電気毛布を使ってもらって、わたしは子供達と一緒に服を着込んで凌ぐ作戦。← メッチャ短絡的な作戦。

 

とりあえず電気毛布を「適温」にセットして20:30、子供達とバァバ就寝。

 

その後一人でしばらく焚き火をしながら22:00頃就寝。

 

4:30起床

早朝バァバが起きて、モゾモゾモゾモゾ動き出します。

 

どうやらテントから出ることができないようです。

 

仕方ないので一緒に起きてトイレへ。

 

外はなかなかの寒さと霧がひどい。

 

その後また寝ようかと思ったら、いつもこの時間には起きているのでバァバはもう寝ないとのこと。

 

連れてきた手前、一人残して寝るのは憚(はばか)られるのでそのまま焚き火をすることに。

 

でも、ひどい霧で薪が湿気てなかなか火がつかない。

 

この時は薪に火をつけるのに苦労しました。

 

寒さは?寝心地は?

夜寒くなかったか、寝づらくなかったか聞いてみたところ、よく眠れたとのことでした。

 

エアベッドの寝心地もよく寒さも感じずにグッスリ寝れたようです。

 

それを聞いて一安心。

 

まぁ、電気毛布を使っていなかったわたしが寒さを感じなかったので当然といえば当然ですが。

 

お茶を温めてのんびり話していると、5:30頃ゆずが起き出してきたので3人で焚き火。

 

バァバにも火の番をしてもらいましたが、バァバも焚き火が楽しいようです。

 

朝食

朝7:00に朝食の準備開始。

 

朝食はゆずの担当。

 

得意のチョコホットサンドを作ります。

 

今日はソーセージも焼いてソーセージホットサンドも披露。

 

なかなか美味しかったようです。

 

長男がなかなか起きてこないので、ゆずが7:30電気毛布を切ります。

 

この女本当ひどいな・・・

 

我が娘ながら恐ろしい。

 

その後ラルクと朝の散歩。

その後9時ごろにちょっと寒いと言いながら長男起床。

 

やはり電気毛布の威力はすごいのかな。

 

撤収

その後、みんなでウノなどを楽しみ少し早い昼食を摂ったら撤収開始。

 

のんびり片付けたので撤収に2時間近くかかってしましました。

 

まとめ

今回はおニューのテントとバァバのキャンプ初体験ということでちょっとハードルが高かったですが、無事キャンプを終了することができました。

 

バァバもキャンプを楽しんでくれたようですし、無事に一件落着。

 

次は本格的な冬に向けてストーブが欲しいな。

 

それから焼き網なくなっちゃったから、新しい焚き火台買わなきゃだ。← おい!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!