主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

【ハリオ】手軽にメチャうま『サングリア』レシピ公開

「ハリオ」でつくった「サングリア」を一晩で飲んでしまい、酔っ払ってブログを書けなかったむひろです。

 

先日コストコで買った「ハリオ」を使って、早速「サングリア」をつくってみました。

関連記事

「コストコ浜松倉庫店」と「浜名湖パルパル」(遊園地)をはしごして、超疲れたむひろです。   コストコは、キャンプで使えるアウトドア用品や食材が安く売っているので、非常に助かります。 遊園地でだいぶ体力を消[…]

「サングア」はアルゼンチンに行った時に、よくつくって飲んでいました。

その時にたどり着いたレシピを公開します。

 

サングリアについて

「サングリア」は、ワインにフルーツやシナモン、ラム酒やブランデー、甘味料などを入れて1日〜2日漬け込む混成酒です。

 

しかし、日本では、アルコール度数20度以下の酒で混成酒(梅酒など)をつくることは酒税法で禁止されているので、漬け込む必要のある通常のレシピで「サングリア」をつくることはできません。

通常のレシピでつくれなかったら、そもそも「サングリア」ではなくなります

 

実は、スペインでもそうですが、アルゼンチンでも「サングリア」は現地の人はあまり飲まれていません。

現地の人は「サングリア」より「ティント・デ・ペラーノ」「カリモーチョ」「キティ」などを好んで飲んでいます。

これらは、それぞれ、赤ワインを「ソーダ」「コーラ」「ジンジャーエール」で割ったものです。

 

割る素材によって名前が変わってややこしいので、当ブログでは「炭酸」で割るものは「ティント・デ・ペラーノ」で統一します。

 

「サングリア風」の「ティント・デ・ペラーノ」

「サングリア風」の飲み物として、「ティント・デ・ペラーノ」という、赤ワインをソーダや炭酸ジュースで割ったカクテルがあります。

 

つくり方は、手軽に「ファンタレモン」や「ファンタオレンジ」、「コーラ」、「三ツ矢サイダー」などを、1:1の割合で割ってあげれば出来上がりです。

好みですが、「甘めの炭酸ジュース」で割ると飲みやすいですよ。

 

今回つくったものはコレ

漬け込むことができないので、厳密には「サングリア」ではないですが、漬け込む前状態のものでも美味しいので、そのレシピをご紹介します。

 

材料

 用意するもの 

  • 赤ワイン
  • オレンジ 1/2
  • レモン 1/2
  • イチゴ 3個
  • 100%アップルジュース 100cc
  • ガムシロップ 2つ

 

赤ワイン

今回用意した赤ワインは、近所のドラッグストアで一番安かった「サントリー デリカメゾン旨み赤 ミディアムボディ」300円です。

「サングリア」は、安いワインの方が、美味しく飲みやすくなります。

 

赤ワインは、「ミディアムボディ」か「ライトボディ」を選んでください。

「フルボディ」ですと渋みが強くなるので、爽やかさがなくなります。

 

いちご

いちごは、味を出すというより「食用」です。

ワインに入れた「いちご」を食べると美味しいので、当レシピでは「食用」として入れています。

 

アップルジュース

100%ならどれでもいいですが、「果肉入り」の方が飲んだ時によりコクが出ます。

 

「サングリア」のつくり方

 手順 

  1. オレンジとレモンをそれぞれ半分に切り、切った半分を4等分します。
  2. イチゴはヘタをとって、半分にします。
  3. オレンジとレモンは絞って皮ごと「ハリオ」に入れます。
  4. イチゴを入れたら、アップルジュースを100cc注ぎます。
  5. ガムシロップ2個入れます。
  6. 赤ワインを注いで静かにかき混ぜる。
  7. 冷蔵庫で冷やしたら完成!


③フルーツを絞って、形を整えてから「ハリオ」に入れた状態。

 


⑤最後に赤ワインを注いだ状態。

赤ワインを最後に入れる理由は、つぶした果肉をワインにあまり混ぜないようにして、口当たりをスッキリさせるためです。

 

問題発生!

冷蔵庫で冷やしている間、少々外出したのですが、帰って冷蔵庫を開けてみると・・・

 

「サングリア」が半分無くなっている!

 

 

 

「ナンデダーーーーーーーーー!」

 

犯人はママでした。

 

ママ曰く…

 

「ちょっと、味見しただけよ。」

「少しくらいなら、わからないと思って。」

 

少しって、半分もなくなってますが・・・

 

「みんなに美味しく飲んでもらうために試飲して何が悪い!」

(GWのファミキャン用の試作でした)

「これでも途中で止めてあげたのよ。」

「まぁ、でも本物に近い味だね。」

「これならいいんじゃない。」

 

お褒めの言葉なのか、逆切れされたのかわかりませんが、満足はしてくれたようです。

 

ちなみにママは昔、東京の某有名ホテルのラウンジでバーテンダーをしていたことがあり、家にマイシェーカーがあるくらいカクテルにはうるさいのです。

そのくせ、レシピは一切教えてくれないドケチ秘密主義者です。

 

追加補充

仕方ないので、余っていた赤ワインとりんごジュースを少々継ぎ足して飲んでみると…

 

 

うまい!

久々につくった割には結構いい感じでできました。

 

私のレシピのコツは、100%のりんごジュースを入れることです

オレンジジュースを入れる人が多いと思いますが、りんごジュースの方がコクと甘みが出ます。

 

すりおろしりんごもいいのですが、あまり入れてしまうと「サングリア」が濁ってしまうのと、飲むときに異物感が出てしまいます。

かといって少ないと、コクと甘みが出ないので物足りなくなってしまいます。

りんごは切って漬けるより、ジュースで入れた方が断然オススメです。

 

ちなみに、爽やかなフルーティさを出したいなら、オレンジジュースを少し足してあげるとフレッシュさが増しますので、お好みでプラスしてみてください。

 

一人晩酌

とりあえず、また飲まれる前に写真を撮ろうと、一枚パシャり。

これだけじゃ、何か寂しい。

 

そうだつまみをのせてみよう。

冷蔵庫にあった「さけるチーズ」と「からすみ」をのっけてパシャり。

うん、やっぱり写真のセンスがない。

チーズはネギのようだし…

 

もう写真はほっといて、せっかくつまみを用意したのだから「サングリア」を飲もう。

 

ワインに沈めた「いちご」も美味しい。

酔っ払っているので、コンビニフォークを使っているのは大目にみてください…

 

チーズはもちろん、意外と「からすみ」も「サングリア」に合って、試飲のつもりが、結局一人で全部飲んじゃいました

 

手前味噌ですが、この出来栄えでよくママが途中で止めれたとなと感心しました。

 

まとめ

「ハリオ」を使って初めてつくった「サングリア」。

本当は、1日冷蔵庫で冷やした方が、味が馴染んでもっと美味しくなります。

個人的には2日寝かした味の方が、よりまろやかになるので好みです。

しかし、日本では「漬け込む」ことができないので注意してください。

 

いかがでしたでしょうか。

ワインが苦手という人も「サングリア」だったら美味しくいただけます。

当レシピは、ストレートで飲んでも美味しいですが、「炭酸水」で割ってもOK。

「炭酸水」で割るときは少しシロップを多めにするか、「三ツ矢サイダー」で割ると美味しいですよ。

 

ワインがあると女性陣のテンションも上がるし、テーブルも華やぐので、次のグルキャンのときにつくってみてはいかがですか?

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!