主に個人的に興味のあるキャンプ道具やキャンプに使えそうなものの紹介。

【NANGA(ナンガ) オーロラ750DX】やっと安眠できる寝袋をゲット!

ついに安眠できる寝袋をゲットしました!

 

ゲットした寝袋は「NANGA(ナンガ) [山渓×NANGA] オーロラ750DX」。

 

通常タイプのオーロラではなく通常タイプよりかなりお買い得な [山渓×NANGA] モデル

 

お安いといっても通常タイプより性能が落ちるわけではなく、色を黒一色とし大量オーダーすることでコストダウンしたもの。

 

あとは「ナンガオーロラライト750DX」と比べると重量が200gほど重くなるくらいかな。

 

登山するなら1gでも軽い方がいいがキャンプで使う分では200gなんて誤差の範囲。

 

それで価格差は約20,000円だからかなりお得。

 

ということで、色と重量さえこだわらなければ「NANGA(ナンガ) [山渓×NANGA] オーロラ750DX」は通常タイプと暖かさは変わらずにお安く手に入れることができる。

 

それでは早速「NANGA(ナンガ) [山渓×NANGA] オーロラ750DX」の紹介です。

NANGA(ナンガ) [山渓×NANGA] オーロラ750DX

快適使用温度 −8℃
下限温度 −16℃
収納サイズ φ22×32cm
使用サイズ(レギュラー) 最大長210cm×最大幅80cm(身長175cmまで)
総重量 約1400g
ダウン量 約750g
フィルパワー 760FP
表生地
裏生地
40dnオーロラテックス
40dnナイロン
内部構造 ボックス構造

 

特徴

   特徴 

  • オーロラテックス
  • ボックスキルト構造
  • ショルダーウォーマー
  • ファスナー
  • サイズ
  • 日本製&永久保証

オーロラテックス

オーロラテックスとは多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地で、2レイヤ地で20,000mm・透湿性6,000g/m2/24hrsのスペック。

 

といってもなんのこっちゃ?

 

って感じなので、ゴアテックスみたいなものっていえば分かりやすいかな?

 

なんでオーロラテックスが特徴の最初にくるのかというと、羽毛(ダウン)は湿気や水分が大敵

 

羽毛(ダウン)が湿気てしまうと空気の層をつくることができずに全く暖かくなくなるだけではなく、カビの原因にもなり、一度カビてしまうと羽毛が元の大きさまで膨らむことができなくなってしまう。

 

つまり簡単に言えば羽毛(ダウン)が湿気ると元の大きさまで戻らなくなり、どんどん暖かくなくなっていくってこと。

 

キャンプでは夜露や結露、それに山間部では高湿度と湿気とは切っても切れない仲。

 

せっかくの暖かいダウンをダメにしてしまわないように湿気対策は必要。

 

ナンガのオーロラシリーズは「オーロラテックス」という水を弾き湿気を通す素材を使用しているので湿気に対するストレスから解放される。

 

他のメーカーではナンガのように水を弾く素材を直接使っているところはほとんどなく、通常は「ダウンシュラフ(羽毛の寝袋)+シュラフカバー」での使用となる。

 

私も「モンベルのダウンハガー#3+ゴアテックスシュラフカバー」を使用しているが、正直二枚重ねはめんどくさい。

それにめんどくさがってシュラフカバーをしていないときに限ってテントの結露で寝袋が濡れていることもしばしば。

 

これからはシュラフカバーがいらないので精神衛生上とってもよろしい。

 

ちなみに寝ている間は身体から水蒸気が出ているので一晩寝たら寝袋をしっかりと干してから片付けるようにしましょうね。

 

ボックスキルト構造

布団カバーの4隅を留めずに使うと、布団がどんどんカバーの隅に偏ってしまうことありませんか?

 

それと同じことが寝袋でも起こる。

 

羽毛が入っている部屋が大きければ大きいほど羽毛が隅の方に偏ってしまい、そこのスペースの半分以上に「羽毛がない状態」ができてしまう。

 

そうすると最初は暖かい寝袋も使っているうちにどんどん羽毛が偏ってしまい全然暖かくなくなってしまう。

 

これを防いでくれるのが「ボックスキルト構造」。

 

「ボックスキルト構造」は例えるなら細いトンネルをたくさんつくってそこに丁寧に羽毛を詰めていく。

 

そうすることによって羽毛を偏りにくくするとともに、一度潰して収納した後も羽毛が偏っていないので再度羽毛が膨らみやすくするようにできている。

 

そんなちょっと手の込んだ構造が「ボックスキルト構造」。

 

安いダウンがすぐに保温性が低下してしまうのはこのような構造が欠落している面も大きな要因の一つ。

 

ショルダーウォーマー

これがあるのとないのとでは寝袋の暖かさが全然変わる。

 

「ショルダーウォーマー」がないと、身体で温めた空気がそのまま顔の部分から外に逃げていってしまう。

 

この温めた空気を逃さないために下の画像のように「ショルダーウォーマー」で絞ってストップするのだ。

寝袋にショルダーウォーマーがなければ肩のところにフリースやマフラーなどを詰めれば同じ効果が得られる。

 

でも荷物も増えるし忘れたときに痛いのでどうせなら「ショルダーウォーマー」付きの寝袋をチョイスしたほうが無難だ。

 

特に冬場は必須の機能と言えるだろう。

 

ファスナー

ナンガのファスナーは蓄光式で夜でもうっすら光って分かりやすい。

 

またファスナー自体も大きく寝袋の生地を噛むこともほとんどない。

 

対して「モンベルのダウンハガー #3」はファスナーが噛むことが多くそこそこストレスだったので、ナンガにして本当に良かった。

 

日本製&永久保証

NANGA(ナンガ)は、1941年滋賀県で「横田縫製」として創業。

 

1995年に社名をナンガに変更し、羽毛寝袋のほかダウンジャケットなどの衣料品などを製造している。

 

NANGA(ナンガ)の羽毛は、三重県の伊勢にある加工工場で洗浄し、高温・オゾン処理を2つの工程で殺菌処理を行って臭いの元となる脂肪酸を完全に除去し、殺菌防臭加工も施しているとのこと。

 

やっぱり国内洗浄の日本製は安心できますよね。

 

しかもNANGA(ナンガ)の寝袋は永久保証!

 

それに羽毛の量も購入後増やすこともできる。

 

羽毛がへたってきたら追加するもよし、寒ければ750DXを900DXにグレードアップするもよし。

 

一生付き合える寝袋ですね!

レビュー

 レビュー 

  • 「山渓×NANGA」オーロラ750DXにした理由
  • 7℃での使用
  • 5℃での使用
  • −1℃での使用
  • 保管方法

「山渓×NANGA」オーロラ750DXにした理由

まずNANGA(ナンガ)の [山渓×NANGA] モデルにした理由は冒頭でも述べたとおり、通常の「ナンガオーロラライト」シリーズと比べてのデメリットが私にはデメリットでなかったこと。

通常タイプと比べてのデメリットは2つ
・カラーが黒のみ・重さが約200g重くなる

そして「ナンガオーロラライト750DX」が約6万円に対し「[山渓×NANGA] オーロラ750DX」が約4万円と2万円もお安いことが決定打。

 

またナンガといえば600DXが一般的だがなぜ750DXにしたのか。

 

それは寝るときにできるだけ軽装で寝たいから。

 

本当は900DXを買おうか悩んでいたけど、自分がキャンプする時期・地域ではオーバースペックに感じたこと。

 

かといって他のブログを読み漁っていると600DXでは少し寒いかもしれないと思い悩んでいたところに「それじゃ間とって750DXでいいんじゃね?」って感じで決めちゃいました。

 

防水性

特徴のオーロラテックスでも述べたとおり、せっかくの羽毛なので手間をかけずにできるだけ濡れても大丈夫なものにしたかった。

 

そこでナンガのオーロラシリーズは寝袋とシュラフカバーが合体したようなものなのでとても理想的。

 

もちろんシュラフカバーが必要なシーンは限られているが、朝起きて寝袋が濡れていたときの喪失感からの脱却は何物にも変えがたい。

 

あとで後悔することがないよう最初から防水性能の高いナンガなら理想的。

 

保温性

ナンガの使用温度は日本人基準で表記されている。

 

他のメーカーやあのモンベルなども外国人基準での表記になる。

 

日本人と外国人では皮下脂肪の厚みが全然違うため外国人基準では日本人は寒く感じる

 

だいたい日本人と外国人では2〜3℃、白人では5℃くらい体感温度が違うと言われている。

 

確かに日本人では寒くて長袖を着ているときでも、白人の男性は上半身裸で海水浴をしていることありますもんね。

 

さらにナンガでも記載している「快適使用温度」は勘違いしないよう注意が必要。

 

「快適使用温度」っていうとパジャマで快適に眠れる温度って思うかもしれませんがこれは大きな間違い。

 

「快適使用温度」っていうのはその気温で行動していた服を着込んで普通に眠れる温度のこと。

 

だから−8℃まで快適に寝れるからって−8℃でパジャマで寝袋入ったら寒くて寝れないどころか寝たら死にますよ。。。

 

ちなみに「限界温度」は極寒訓練を受けた人がなんとか我慢して眠ることができる温度なので、良い子は真似しないでね。

 

ということで、ナンガと他のメーカーの「快適温度」を比べるときは他のメーカーの温度をプラス4℃くらいして比べてください。

 

そうするとナンガの寝袋がかなり割安なのが分かります。

 

日本製&永久保証

永久保証ってすごいですね。

 

商品に本当に自信と思い入れがなければ絶対にできないこと。

 

それだけでも選ぶ価値があるってもんです。

 

7℃での使用

自宅部屋での使用。

 

その時の服装は

上:フリース・ロングTシャツ

下:ジャージ

これで朝までぐっすり快適に眠ることができました。

 

5Cでの使用

キャンプ場にて使用。

 

その時の服装は

上:フリース・ロングTシャツ

下:ヒートテック・ジーンズ

朝起きたときに膝のあたりに少しだけ寒さを感じました。

 

でもそれで眠れないというレベルではなくそのまま二度寝できました。

 

−1℃での使用

キャンプ場にて使用。

 

その時の服装は

上:フリース・ロングTシャツ・ヒートテック

下:ヒートテック・ジーンズ・ワークマン防寒アルミパンツ+ダウンジャケット

足元:ルームシューズ

 

寝袋に入ってしばらくしても膝のあたりに寒さを感じたので着ていたダウンジャケットを下半身に掛けました。(温めるなら下半身を暖かくする方が効果的)

 

また寒さ対策に仙骨(退化したお尻の尻尾の部分)にホッカイロを貼って就寝。(仙骨を温めると身体全体が温まるのでお試しあれ)

 

明け方肩のあたりに寒さを感じましたがショルダーウォーマーを締め直して二度寝できました。

 

一緒に行った2人は寒くて全然眠れなかったと言っていたので、ナンガの750DXにしておいて本当によかった〜と思いました。

 

ちなみにルームシューズがあると足元にカイロや湯たんぽがなくても平気なのでかなりおすすめ。

関連記事

ルームシューズ。   存在は知っていたけど、なんか女性が履くものって感じでなんとなく避けていた。   でもね買って正解!   これめっちゃあったかい! &nbs[…]

 

保管方法

ダウンは収納袋に入れたままにしておくと羽毛が潰れてしまい、従来の保温力を発揮できなくなります。

 

長期間使わないときは収納袋から出してお店のように部屋に吊り下げて保管するのが一番ですが、さすがに見た目も気になりますしそのスペースもない。

 

そこで我が家ではダイソーで300円で買った布団収納袋に入れて保管。

 

可愛い柴犬のカバーなのでそのままキャンプ場に持って行ってもいいし、車に積みっぱなしにしてもそんなに違和感はない。

 

自宅なら抱き枕にしてもいいし、ベッド周りのクッション代わりにしてもいい。

 

収納袋に入れるのが大変な人は柴犬カバーいいですよ〜。

 

まとめ

「NANGA(ナンガ) [山渓×NANGA] オーロラ750DX」はやっと出会えた安眠できるとっても良い寝袋。

 

寒さに強い方なら600DXでも十分ですし、冬キャンプをガンガンやる人なら900DXがおすすめです。

 

寝袋を変えるだけで睡眠が変わりますので、キャンプ場でもしっかり眠るためにはそれなりの寝袋を用意しておきたいところ。

 

安い寝袋を工夫して使うくらいならナンガ一つで済んでしまう手軽さを考えれば寝袋を変えるメリットはかなり大きい。

 

ゴールデンウィークキャンプの朝も結構冷え込むので油断は禁物。

 

寒さを気にせずにナンガの寝袋で朝までグッスリ眠っちゃいましょう!

 

<今回ご紹介したアイテム>

 

一部出典画像は「ナンガ」さんからお借りしました。 以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!