最新記事がTOP画面に反映されない場合は、お手数ですが一度キャッシュ(メモリー)の削除をお願い致します。

コディアックキャンバス(Kodiak Canvas)おしゃれなコットンテント

コディアックキャンバスを見て、思わず「これなら買えるかも!」と思ってしまったむひろです。

 

コディアックキャンバスのコットンテントを見て、あのテントと似ているとお気付きではありませんか?

そう、以前このブログでも紹介した、あのおしゃれテント「カーカムス」のテントと激似なのです。

関連記事

(全ての出典画像:Kirkham's) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   おしゃれなテントといえば、ノルディスクの「アスガルド」を代表とするワンポールテントが人気で[…]

 

「カーカムス」のテントはおしゃれなのに、サイトでほとんど被(かぶ)ることがないレアなテント。

しかも、おしゃれなのに、張り綱いらずの簡単設営と言うことなし。

 

私もメチャ欲しいテントの1つなのですが、ネックはそのお値段。

ファミリーサイズなら、15万〜20万円近くもする金額はおいそれと手を出すことはできません。

 

しかし、「コディアックキャンバス」なら、同サイズで8万〜11万円とほぼ半額

あのおしゃれテント「カーカムス」に激似で、しかも半額なんてこれは嬉しい!

 

それでは、「コディアックキャンバス フレックスボウ」のご紹介です。

 

コディアックキャンバス(Kodiak Canvas)とは

アメリカで最も売れているコットンテントと言われているのが、「ゴディアックキャンバス」です。

ゴアディックキャンバス」は、アメリカのロッキー山脈の厳しい環境のもとで誕生した、クマの足跡で有名なテントメーカー。

テントの生地はコットン100%ですが、Hydra Shieldという特殊な加工をしたコットンで作られており、高い防水性通気性にも優れた高機能なコットンテントです。

 

「コディアックキャンバス フレックスボウ」ラインナップ

テントは使用人数で、2人用・4人用・6人用・8人用の、4種類に分かれます。

それぞれ見ていきましょう。

 

フレックスボウVX  2人用

定員 2名
テントサイズ (約)D183×W259×H122(cm)
収納サイズ 約25×76(cm)
本体素材 Hydra-shieldコットン100% フロア:ポリエステル強化ビニール
重量 (約)13.8kg

高さは128cmとそれほどありませんが、夫婦2人のデュオキャンプや父子・母子キャンプなら、余裕を持って使えますね。

日本人なら、親子3人でも十分使える大きさですね。

 

KODIAK CANVAS 2人用 Flex-Bow VX コディアック キャンバス コディアック カンバス テント コットンテント アウトドア キャンプ 防水 ファミリー 家族 大型 国内正規品

created by Rinker

 

フレックスボウDeluxe  4人用

 

定員 4名
テントサイズ (約)D243cm ×W274cm × H185(cm)
収納サイズ 約61×33(cm) (ポールバッグ):約14×89(cm)
本体素材 Hydra-shieldコットン100%
重量 (約)25kg

タフワイドドーム300と高さは同じですが、床面積が縦約60cm・横約30cmほど狭くなります。

しかし、サイドの壁が垂直に近いので、体感的な室内空間の差はそれほどないと思います。

家族4人なら、十分な大きさですね。

 

2019.4.23現在在庫なし

 

フレックスボウVX  6人用

定員 6名
テントサイズ (約)D305×W305×H201(cm)
収納サイズ 約33×76(cm)(ポールバッグ):約14×127(cm)
本体素材 Hydra-shieldコットン100%フロア:ポリエステル強化ビニール
重量 (約)35kg
VXとDeluxeの違いは、VXにはサイドに三角のメッシュ窓とグランドシートがつくことです。それ以外サイズ等の違いはありません。価格もVXの方が8,000円ほど高くなります。

タフワイドドーム300とほぼ同じ床面積ですが、高さが約200cmと15cmほど高くなっています。

フレックスボウの方が、サイドの壁が垂直に近いので、体感のサイズはこちらの方が大きく感じると思います。

また4面にメッッシュの窓もあり、開放感も抜群です。

 

2019.4.23現在VXの在庫なし

タイムセール15%OFF KODIAK CANVAS 6人用 Flex-Bow Deluxe コディアックキャンバス コディアック カンバス おしゃれ グランピング テント コットンテント アウトドア キャンプ 防水 ファミリー

created by Rinker

 

フレックスボウVX  8人用

(写真はサイドの三角窓のないDeluxeです)

定員 8名
テントサイズ (約)D305×W427×H201(cm)
収納サイズ 約40×96(cm)(ポールバッグ):約14×122(cm)
本体素材 Hydra-shieldコットン100%
重量 (約)41kg

冬のお籠(こも)りキャンプを視野に入れているなら、このタイプが欲しいですね。

家族4人なら、テントの中にこたつも出して、ぬくぬくキャンプも堪能できますね。

 

KODIAK CANVAS 8人用 Flex-Bow VX グランドシート付 コディアック キャンバス テント コットンテント アウトドア キャンプ 防水 ファミリー グランピング テント おしゃれ 家族 大型

created by Rinker

 

設営方法

設営方法はこちらの動画をご覧ください。

女性一人でも、簡単に組み立てられます。

※音楽注意

 

こちらはおじいちゃんがゆっくりと、テントの紹介をしています。

 

メリット・デメリット

メリットは「カーカムス」の時とほとんど同じです。

 メリット 

  • 他のテントとは違うデザイン
  • 設営が簡単
  • 省スペースで設営できる
  • 人と被らない
  • とにかく可愛い(個人的観点)

 

コディアックキャンバスのフレックスボウは、とにかく設営が簡単です。

4隅にペグを打てばテントは立ち上がりますし、しかも張り綱いらずという優れもの。

ペグ打ちが少なくて済むのは、非常に嬉しいポイントです。

 

設営スペースも張り綱がいらないので、床面積分確保できればOKの設営のしやすさ。

そのため、狭いサイトでもレイアウトがしやすいのも嬉しいポイント。

さらに、おしゃれなのに人と被ることもなく、サイトの注目の的になりそうです。

 

 デメリット

  • 重い
  • 価格

 

コットンを使用しているため、重量が「フレックスボウ2人用」でも約14kgあり、最大の「フレックスボウ8人用」なら約41kgもあります。

この重さは、かなり気合いを入れないと大変です。

テントとポールを別々に分けて運んだとしても、「フレックスボウ8人用」は結構きついですね。

 

また、「カーカムス」と比べれば、価格もなんとか手が出せる価格帯ですが、やはり10万円という金額はためらいます。

海外発送もしてくれるようなので、個人輸入するという方法もあるけど、個人輸入は割と高い確率でトラブルにあうので、あまりおすすめできません。

 

在庫切れも多く、欲しい気持ちもわかりますが、ショップで買えば1年間の保証も付くので、入荷を待ってショップで買うのが最善です。

ちなみに、「コディアックキャンバス」はアマゾンより、楽天市場・ヤフーショッピングの方が安いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「カーカムス」と激似の「コディアックキャンバス」の『フレックスボウ』シリーズ。

見た目のインパクトと希少性から「カーカムス」が欲しかったのですが、値段的にほぼ諦めていました。

しかし、「カーカムス」よりもリーズナブルな「コディアックキャンバス」なら、なんとか手の届くところにあります。

 

個人的には、「フレックスボウVX2人用」か「フレックスボウVX8人用」が欲しい。

VXはサイドに三角の窓が付くので、VXは絶対に譲れない

4人用・6人用もいいのですが、リビングシェルがあるので、用途のかぶらないサイズが欲しい。

 

8人用なら、冬のお籠りキャンプに最適だし、2人用なら父子キャンプに最適。

 

特に「フレックスボウVX2人用」は、54,800円と手の届くところにあるので非常に悩みます。

父子用のテントは、「ヴィガス」を第一候補で考えていましたが、これは悩みます。

関連記事

(出典:キャンパルジャパン) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   発売されて約1年経ちますが、その発売からずっと気になっているテントの1つが、小川のヴィガスです。 […]

 

欲をいえば、「フレックスボウVX2人用」の高さがもう少し高くて、重さが半分だったら完璧。

みなさんなら、どのタイプを選びますか?

 

<今回ご紹介した商品>

 

<おすすめの関連記事>

関連記事

(全ての出典画像:ゼインアーツ) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   昨年より情報を発信したブランドのゼインアーツ(ZANE ARTS)。 その新しく歩みだした[…]

関連記事

(全ての出典画像:アマゾン) こんにちは。「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。   「おしゃれなベルテントでグランピングしてみたい!」って思ったことありませんか? グランピングの[…]

全ての出典画像は「楽天市場」さんからお借りしました。

以上となります。ご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!